綾瀬版 掲載号:2016年2月26日号
  • googleplus
  • LINE

市内若手経営者 市域超え企業間連携へ 「下町ボブスレー」と交流

経済

光製作所(上段)、栄和産業(中段)、サーフ・エンジニアリング(下段)の順に見学
光製作所(上段)、栄和産業(中段)、サーフ・エンジニアリング(下段)の順に見学
 市内若手経営者で構成される「綾瀬イノベーション推進委員会」(根本秀幸委員長)が2月17日、東京都大田区の「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」と、技術交流を行った。この日は綾瀬イノベーション参加企業3社を訪問し、情報を交換。今後の市域を超えた企業間連携や共同研究、受注につなげていく。

 下町ボブスレーは、冬季五輪種目「ボブスレー」において、大田区の中小町工場が世界で戦える国産マシンを開発しようというものづくりプロジェクト。ジャマイカ代表用ソリを製造する技術を持つ下町ボブスレーに、綾瀬市側の企業が2度にわたり意見交換のため訪れていた。

 この際、「次は綾瀬の工場を見に行きたい」と、下町ボブスレー側から打診を受けていたという。市が中小企業の総合支援に力を入れている背景もあることから、「made in ayase・あやせ工場プロジェクト」の一環として、受け入れが実現した。

市内企業回り意見交換

 当日、大田区からはボブスレー参加企業のうち7社が綾瀬を訪れた。見学前には笠間城治郎市長を表敬訪問し、交流を図った。

 その後、マイクロバスを使い市内工場に移動。今回はイノベーション参加企業のうち(有)光製作所、(株)栄和産業、(株)サーフ・エンジニアリングの3社を回った。

 各工場では、それぞれの工場長や代表らが説明しながら案内。技術や製品、経営方針に興味を示した参加者たちは、様々な質問を投げかけていた。

 交流を終え根本委員長は、「何かに特化した『残る技術』の造詣の深さを感じた。意見交換を通じ綾瀬の強みを認識することもできたし、とても有意義な時間だった」と話した。

 綾瀬イノベーション推進委員会とは、市内若手経営者の企業13社で構成される団体。「これからの発展ために、何かを変えていこう」という思いから、昨年10月に結成された。

綾瀬版のトップニュース最新6件

窓口で日本初の取り組み

綾瀬市

窓口で日本初の取り組み

12月15日号

父想い「私設図書館」設立

イルミネーション装い新たに

若き職人 全国の舞台へ

佐藤翔悟さん(平本建築)

若き職人 全国の舞台へ

11月17日号

ビジネスアワードを受賞

ラテン大和(寺尾台)

ビジネスアワードを受賞

11月17日号

綾瀬の“おもしろ”七不思議 完成

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

しめ縄飾り講習会

人気の企画、最後の開催

しめ縄飾り講習会

12月24日~12月24日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク