綾瀬版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

ベイスターズジュニアチーム狭き門抜け、綾瀬2選手選抜参加者は過去最多804人

スポーツ

選出された小泉くん(左)と松ヶ野くん(右)
選出された小泉くん(左)と松ヶ野くん(右)
 少年野球チーム「吉岡サプリングス」所属の小泉卓哉くん(綾西小6年)と松ヶ野寛太くん(同)が、2017横浜DeNAベイスターズジュニアチームに選抜された。セレクション参加者が過去最多の804人という狭き門を通過した16人のうち、2人が綾瀬市排出の選手となった。

 同チームは、毎年12月に開催される「NPB12球団ジュニアトーナメント」に合わせ、セレクションで選抜メンバーが選ばれる。同トーナメントは日本野球機構とプロ野球12球団が連携した取り組みで、子どもたちが「プロ野球の夢」という目標をより身近に持てるよう企画されている。

 「自分の力を試したい」と、今回のセレクションに臨んだ小泉くんと松ヶ野くん。キャッチングやピッチング、打撃などそれぞれのポジションに合わせた選考をくぐり抜け、最終の4次選考まで駒を進めた。

 しかし、2人とも普段の力を出しきれず結果を残せなかったと感じ、合格は諦めていたという。「ダメだと思っていたので、合格の連絡をもらった時は嬉しかった」と口を揃える。

2連覇掛け切磋琢磨

 吉岡サプリングスで主将を務める小泉くんのポジションはキャッチャー。現時点で同じポジションはいないが、レギュラーを確実なものにするため日々の練習で良い部分を伸ばすことを心掛けているという。「バッティング強化とセカンド送球の精度を上げたい」と自らの課題を挙げる。

 松ヶ野くんのサプリングスでの主なポジションは、ピッチャーとライト。投手は数人ライバルがいるが、ライトは今のところいないという。「投手として投げる時の癖など、監督やコーチに指摘されたことを確実に改善していく」と小泉くん同様、レギュラー獲得に向け余念がない。

 大会に向け2人は「ベイスターズジュニア2連覇に向け、チームにしっかりと貢献していきたい」と意気込みを語った。

綾瀬版のトップニュース最新6件

若き職人 全国の舞台へ

佐藤翔悟さん(平本建築)

若き職人 全国の舞台へ

11月17日号

ビジネスアワードを受賞

ラテン大和(寺尾台)

ビジネスアワードを受賞

11月17日号

綾瀬の“おもしろ”七不思議 完成

町工場が実現した「残業ゼロ」

吉原精工(上土棚北)

町工場が実現した「残業ゼロ」

11月3日号

「ご当地サイダー」ラベル一新

矢部商店

「ご当地サイダー」ラベル一新

10月20日号

逆転勝利で日本一に

中村紗華さん(小園在住)

逆転勝利で日本一に

10月20日号

綾瀬版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク