藤沢版 掲載号:2017年6月30日号

鶏の解体ワークショップや斬新な企画で食糧廃棄問題解決や食育に取り組む

菅田 悠介さん

市内在住 21歳

「いただく命」全力で啓発

 ○…卵を産み終えた鶏を絞めて、目の前で「食べ物」になる過程を見てもらうことで、命と食の大切さを伝えている。「僕たちが何気なく食べているものが、『命だった』という感覚を伝えたい。それが食料廃棄問題の解決に必要だと思う」。昨年はあえてクリスマスイブに鶏の解体ワークショップを行った。「当然のように『チキン』を食べていることへの揶揄もある。便利になり過ぎて、肉を安く簡単に食べられるようになっているけれど、肉を食べることは実はとても大変なこと。命を食べているという感覚や、その命への感謝を忘れてはいけない」。力強い眼差しで前を見据える。

 ○…慶應大SFCの3年生。活動のきっかけは、1年の夏に猟師の下で経験した鴨の解体。「それからは、食べ残しが命の無駄遣いのように感じた。友達が簡単に食べ残しをしているのを見ると、ムカつくようになって。自分が変わったように、現場を見れば、皆の意識も変わるかもしれない」

 ○…大学近くに借りた山林地では、養鶏所から譲り受けた鶏を飼育したり、野菜を育てるなど、自給自足を実践している。「毎日、鶏の世話をしていると愛着がわいてきて、解体をためらってしまう自分もいるけれど、奮い立たせて臨んでいる」。学内では余った食材を持ち寄ってカレーなどを作るイベント「モッタイNight」を定期的に開催。今年1月には狩猟免許を取得し、罠猟の団体で捕えた動物をシェアしている。

 ○…小5から高校卒業まで福岡で過ごす。野性的な少年かと思いきや、実はシティボーイ。「自然に触れることも少なくて、虫も苦手だった。藤沢に来て一気に爆発した」と笑う。今は食育活動を継続するべく、思案を巡らせている。「経済や発信力を学ぶために広告業が良いかもしれないし、食品ロスを扱う環境省も気になる。本も出版したい」。底抜けの明るさとサバイバル精神で、世の中に「いただく命」を啓発していく。

関連記事powered by weblio


平和堂の百人一趣

生前好きだったお花や、色合いの中に笑う故人の遺影

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

田作 有司郎さん

7月10日付で藤沢税務署の署長に就任した

田作 有司郎さん

7月21日号

鵜飼(うがい) 典男さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の第24代会長に6月18日付で就任した

鵜飼(うがい) 典男さん

7月14日号

高橋 貴之さん

「食べて復興支援プロジェクト実行委員会」委員長を務める

高橋 貴之さん

7月7日号

服部 修一さん

箱根ガラスの森美術館主催の写真コンクールで最優秀賞を受賞した

服部 修一さん

6月23日号

麻生 知子さん

神奈川県美術展 平面立体部門で大賞を受賞した

麻生 知子さん

6月16日号

佐久間 恭子さん

7月9日に企画した演奏会をトレアージュ白旗の有隣堂で開く

佐久間 恭子さん

6月9日号

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/