鎌倉版 掲載号:2012年8月31日号

リユース食器「游風」

炭化してごみ削減 社会

間伐材皿を導入

炭化すると一回り小さく変化
炭化すると一回り小さく変化

 祭やイベントなどの飲食販売で、リユース食器を用いることでごみの削減を促す活動をしているNPO法人「游風」(竹林昌代代表)では、新たに間伐材を使用した器「WA器」の取り扱いを始めた。8月14日から19日まで、由比ヶ浜海岸の海の家「LOCO BAR」で初めて使用された。

 食器には大分県の植林地の間伐材を使用。2㎜ほどの厚さの板に圧力をかけるだけの簡単な加工が施されている。使い捨てで、使用後は同団体で回収、炭化させて脱臭剤や森林の土壌改良剤などとして活用される。

 これまで提供してきたリユース食器はプラスチック製で、デザインに味気が無く一部の飲食店からは「盛り付けても料理が美味しそうに見えない」などの意見も寄せられていた。また、回収して繰り返し使用することを前提としているものの、1回のイベントに貸し出しすると千個の内30個くらいが不明になってしまうなどの問題点があった。

 プラスチック製以外で環境に良い食器の選択肢が増やせないか、と同団体で調べていたところ、炭を扱う「鎌倉すざく」で使用後の紙皿を炭にして土壌改良剤にしていることを1年前に知った。この例を参考に試行錯誤を重ね、今年の6月から「住工房なお」の協力を得て試作品が完成、8月に実用化にこぎつけた。

 今年中、食器は1枚15円で提供予定。企業名などの印字による広告料が入れば、安価での提供が可能だという。次回は9月30日(日)の「Ohfuna to Ohfunato」で1192枚使用される予定。

 申込みや問合せは【携帯電話】080・5083・2689{info@kamakurayufu.sakura.ne.jp竹林さんへ。
 

椀型、舟型、平皿の3種類を用意。右は代表の竹林さん
椀型、舟型、平皿の3種類を用意。右は代表の竹林さん

4/30家族葬じっくり相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版のローカルニュース最新6件

五輪警備にノウハウ提供

鎌倉ガーディアンズ

五輪警備にノウハウ提供

1月20日号

「鎌倉パズル」を小学校に寄贈

ご当地芸人ねたのおにいさん

「鎌倉パズル」を小学校に寄贈

1月20日号

設立80周年の節目祝う

「明るい社会」絵で訴える

市民ランナーが「走り初め」

ファミサポ支援会員に

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月28日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/