大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年2月13日号

春の訪れ告げる紅白の花 文化

3月末頃まで楽しめる

旧吉田茂邸庭園の梅(上)と蘇峰堂の老木(2月6日撮影)
旧吉田茂邸庭園の梅(上)と蘇峰堂の老木(2月6日撮影)
 立春が過ぎ、大磯・二宮町内にある梅の木も可憐な花をつけ始めている。

 旧吉田茂邸地区庭園(大磯町国府本郷)では紅梅・白梅・しだれ梅など約50本が紅白の花を咲かせる。1月末頃から咲き始めた紅梅は今が見頃。3月末頃まで楽しめるという。

 徳富蘇峰記念館(蘇峰堂)の梅園(二宮町二宮)に根を張る梅の木は約70本の老木で、昭和20年代には蘇峰本人も自宅があった熱海からこの地の梅を愛でに来遊したとのこと。BSプレミアム『美の壺』ではこれらの老木を「枝ぶりがつくる老成の美」として紹介。その様子は3月6日(金)午後7時30分から、同じ番組の再放送の中でも確認することができる。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「うつわ」巡り楽しんで

「うつわ」巡り楽しんで

大磯町内49会場に展示

10月27日~10月29日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク