大磯・二宮・中井版 エリアトップへ

コラムの記事一覧

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載 〈財閥編〉

    大磯歴史語り

    第1回「岩崎弥之助」 文・武井久江

     「大磯歴史語り」再開です。今回から財閥編をご紹介します。  財閥という言葉が消えてから(戦後の財閥解体から)久しいです...(続きを読む)

    9月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第47回「吉田茂【14】」文・武井久江

     大磯歴史語り「8人の宰相編」は今回で最終回です。コロナも終息とまではいきませんが、徐々に自粛解除が進み、県を越えて動き出せるようになりました。ぜひ吉...(続きを読む)

    6月26日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第46回「吉田茂【13】」文・武井久江

     現在吉田のお墓は、横浜・久保山墓地に平成23年(2011)に、青山墓地から改葬されました。菩提寺は吉上山慈眼院光明寺。このお寺は、養父である吉田健三...(続きを読む)

    6月12日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

     吉田の洗礼名は「セント・トーマス・モア」、そして戒名は「叡光院殿徹誉明徳素匯大居士」で葬儀は2度行われました。昭和42年(1967)10月20日に大...(続きを読む)

    5月29日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第44回「吉田茂【11】」文・武井久江

     まだまだ語り尽くせませんが、そろそろ総括していきます。今回は、兜門他のご案内と、死後洗礼についてです。吉田邸のご門を進むと右手に駐車場があり、吉田生...(続きを読む)

    5月15日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第43回「吉田茂【10】」文・武井久江

     今回は、吉田茂のエピソードをお話しします。彼の豪快で、ウイットに満ちたところをぜひ発見して下さい。  *大磯にいるとき...(続きを読む)

    4月24日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第42回「吉田茂【9】」文・武井久江

     昭和29年(1954年)に首相の座をおりた吉田は、その後政治の表面に出ることはありませんでしたが、1960年代に門下(吉田学校13人衆)の池田勇人、...(続きを読む)

    4月10日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第41回「吉田茂【8】」文・武井久江

     敗戦直後の昭和20年9月東久邇宮内閣の外務大臣に迎えられ、政治家として第1歩を踏み出した吉田は、現在公開中(今はコロナで不特定な公開)の大磯での旧宅...(続きを読む)

    3月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第40回「吉田茂【7】」文・武井久江

     戦後の総理大臣になっての吉田を語ります。前回テレビドラマのお話をしましたが、その中で白洲次郎も麻生和子も反対していたように、総理大臣を引き受けること...(続きを読む)

    3月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第39回「吉田茂【6】」文・武井久江

     皆様は、24日に放送されたテレビ東京開局55周年記念「アメリカに負けなかった男 〜バカヤロー総理 吉田茂〜」をご覧になりましたか? 前回(第38回)の内容から...(続きを読む)

    2月28日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第38回「吉田茂【5】」文・武井久江

     初めての任地は満州の奉天でした。帰国後、ロンドン赴任の辞令が出ますが何故か留め置きになりました。茂にとって人生最大の人との出会いがあります。縁談です...(続きを読む)

    2月14日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

     内閣総理大臣に上り詰めるまでの吉田茂は、成功と挫折の繰り返しでした。莫大な遺産があるから自由気ままに学業を続けられた側面と、みずからの将来を決めかね...(続きを読む)

    1月24日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第36回「吉田茂【3】」文・武井久江

     令和2年の幕開けです。養父(吉田健三)亡き後、耕余義塾で5年間の勉学を終了した茂は、明治27年日本中学(前身は東京英語学校)に入学。この学校の設立者...(続きを読む)

    1月10日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第35回「吉田茂【2】」文・武井久江

     2人の父の事を話します。実父の竹内綱は山之内一豊を祖とする土佐二十四万石重臣・伊賀家の家臣・天保10年(1839)の生まれで、軽輩の家柄でしたが、若...(続きを読む)

    12月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

     「8人の宰相」最終章・吉田茂に入ります。「明治150年記念連載」として昨年の4月からスタートし、8人の宰相を語ること早1年と7ヶ月。唯一建屋が公開さ...(続きを読む)

    11月22日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

     今回で原敬、終焉を迎えます。活動はまだあります。『朝敵・賊軍の汚名をそそぐこと』。戊辰戦争殉難者50年祭で詠まれた祭文「昔日もまた今日のごとく国民誰...(続きを読む)

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

     今回は、原が行った内閣総理大臣としての業績について語ります。  (1)藩閥の打倒打破と政党政治(外務・陸軍・海軍以外の...(続きを読む)

    10月25日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

     大磯での原の過ごし方は、陸奥の死後、別荘をそれほど活用しなくなりました。大磯を訪問する回数自体が減っていったのは、明治34年(1901)〜38年の間...(続きを読む)

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

     今回は大磯での関わりをご案内します。明治25年(1892)9月、原は病気の妻・貞子を転地療養させるため、大磯町の禱龍館を訪れました。ここは、明治20...(続きを読む)

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

     前回のお話で、原は国際情勢に通じた官僚へと成長していきますが、更なる人脈が付きます。結婚した妻の両親が離別し、初代の外務大臣を務めた井上馨と母が再婚...(続きを読む)

    9月13日号

  • 1

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯暮らしの魅力語る

大磯暮らしの魅力語る

27日にオンライン討論会

9月27日~9月27日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載 〈財閥編〉

    大磯歴史語り

    第1回「岩崎弥之助」 文・武井久江

    9月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク