大磯・二宮・中井版

コラムの記事一覧

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第6回「山縣有朋【1】」文・武井久江

     今回から、シリーズ第2弾山縣有朋公です。山縣公は、3代・9代と総理大臣を務められ、出身は長州藩(現在の山口県)です。天保9年(1838)4月22日生まれ、父の...(続きを読む)

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第5回「伊藤博文【5】」文・武井久江

     今回で伊藤博文は最終回です。伊藤は、どんな政治家だったのでしょうか? 【攘夷派の志士から初代総理大臣へ】吉田松陰の松下村塾で学び、高杉...(続きを読む)

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第4回「伊藤博文【4】」文・武井久江

     明治29年(1896)11月に伊藤は滄浪閣を大磯に移し、翌30年10月1日付で本籍を東京の本邸から大磯町に移しました。その際には伊藤自ら大磯町役場に赴き、大磯...(続きを読む)

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第3回「伊藤博文【3】」文・武井久江

     明治18年、初代総理大臣に伊藤博文が任命されました。直前まで公爵である三条実美が有力候補だったのに、何故でしょう? この会議で井上馨が「これからの総理大臣は赤...(続きを読む)

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第2回「伊藤博文【2】」文・武井久江

     伊藤は、16歳(18歳説も有り)から松下村塾に学び始めました。貧しい出ということから彼はいつも蔑まれる言葉を浴びながらの青春でしたが、とても謙虚で人の話をよく...(続きを読む)

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第1回「伊藤博文【1】」文・武井久江

     今年は、明治維新から150年という節目の年。大磯町は国・県・町をあげて盛り上がっています。何故なら、明治から昭和にかけて8人の総理大臣が別荘や本宅を構えていた...(続きを読む)

  • 1

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第6回「山縣有朋【1】」文・武井久江

    8月17日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク