大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年3月17日号

二宮町

ニーノとミーヤ グッズ充実 経済

ササキワカバさん自費製作

ササキワカバさんとにの屋の販売コーナー
ササキワカバさんとにの屋の販売コーナー

 二宮町のPRキャラクター「ニーノとミーヤ」をあしらったグッズが、町内の特産品などを扱う駅前町民会館内の「にの屋」で存在感を放っている。町のプロモーション動画に登場したことで人気に火がついたキャラクター。今では動画から飛び出してマグカップやトートバッグなどに姿を変え、町民や観光客の手に渡っている。

 ニーノとミーヤは、姉妹クリエイターの「東京ハイジ」が考案。東京ハイジが制作した町のプロモーション動画に登場し、総務省の「全国移住ナビ」では視聴回数が全国6位に入るなど注目を集めた。

 関連グッズを作っているのは、二宮町在住でキャラクターデザインを担当した妹のササキワカバさん。昨年4月の動画公開以来、製作に取り組んでいる。第一号となるマグカップを皮切りに、トートバッグやカレンダー、四季のポストカード、スマートフォンケースなど、これまでに約10種類を商品化した。

 町と町観光協会では昨年8月から、駅前町民会館内の「にの屋」に専用コーナーを設置、販売を後押しする。同協会では「缶バッジなど手ごろな価格の商品も多く、先日はバレンタインのお返しを買いに中学生くらいの男の子が来店しました。お店に若い人が足を運ぶきっかけにもなっています」と話す。

 「今は私のお小遣いでできる範囲で続けていますが、いつか企業の協力を得ながら、もっと多くの商品が作れるようになれば嬉しい」とササキワカバさん。夏に向け、Tシャツなどもラインアップに加えたいという。


イラスト提供で活用広がる


 町は昨年、ニーノとミーヤを公式PRキャラクターに「任命」し、無料イラストの公開も開始。キャラクターを活用したプロモーションに力が入る。

 洋菓子店「サン・マロー」では昨年11月から、イラストをプリントしたクッキー=写真=の販売を始めた。キャラクターの発色具合にこだわり、二宮ならではの土産品として手に取る人も増えたという。代表の武田利秋さんは「商店単位での取り組みで終わらせず、二宮特産の落花生とコラボレーションした商品を開発するなど、町全体で盛り上げていけたら」と話している。

 

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/