大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

二宮消防

山岳事故想定 ヘリ使い訓練

社会

横浜市消防局と初の試み

吾妻山山頂で要救助者の収容訓練を行うヘリ(二宮町消防署提供)
吾妻山山頂で要救助者の収容訓練を行うヘリ(二宮町消防署提供)
 ヘリコプターを使った山岳救助の連携を深めようと、二宮町消防署と横浜市消防局航空隊が9月27日に合同訓練を行った。滑落した登山客を同隊のヘリに収容し、二宮消防に引き継ぐまでの動きを確認。自治体を超えた災害対応への理解を深めた。

 県下消防相互応援協定に基づく連携強化に向け、2者間で初めて実施。二宮消防からは指揮隊、消防救助隊、救急隊など5隊・35人が参加した。

 訓練は、吾妻山公園の頂上付近から滑落したハイカーの救助を想定して行われた。指揮隊から湘南指令センターを通して横浜市消防局に防災ヘリコプターの出動要請が出されると、同市金沢区の横浜ヘリポートを出発した機体は10分ほどで山頂に到着。ヘリ搬送が可能な場所まで運ばれた要救助者を、ホバリングしながら担架で吊り上げて機体に収容した。

 着陸地点となる二宮町山西のあいおいニッセイ同和損保湘南東保園グラウンドでは、二宮消防の救急隊が待機。機体から要救助者をストレッチャーで運び出し、救急車で搬送するまでの流れを実践した。

 訓練を終えた同市消防局横浜ヘリポートの加藤雅之空港長は「実戦に即した有意義な訓練だった。確実でスピーディーな災害対応だけでなく、二宮消防さんとの顔の見える関係構築にもつながった」とあいさつ。二宮消防の林栄一消防長は「消防ヘリの必要性は全国的に高まっている。二宮町においても航空隊との連携を密にし、ヘリを要請した場合の活動方法を検証していきたい」と振り返った。

 来年3月には、春の火災予防運動期間中に二宮消防と町消防団、同市消防局航空隊による山林火災防御訓練を町内で実施するという。

関連記事powered by weblio


大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

爽やか 外壁塗り替え

井ノ口駐在所

爽やか 外壁塗り替え

10月20日号

サッカーで少年少女交流

ワンネーションカップ湘南大会

サッカーで少年少女交流

10月20日号

大磯町の未来像探る

作者判明 時代超え編曲へ

子ども会の唄

作者判明 時代超え編曲へ

10月13日号

「痛恨の極み」町長謝罪

大磯町の給食問題

「痛恨の極み」町長謝罪

10月6日号

コーヒーに情熱注ぐ

二宮出身石渡さん

コーヒーに情熱注ぐ

9月29日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「うつわ」巡り楽しんで

「うつわ」巡り楽しんで

大磯町内49会場に展示

10月27日~10月29日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク