小田原版 掲載号:2017年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

ソフトテニス 黄金世代、最後の全国へ 相洋高女子 団体戦で県V

スポーツ

インターハイ出場を決めたメンバー
インターハイ出場を決めたメンバー
 相洋高の女子ソフトテニス部が、団体戦で2年ぶりにインターハイ(全国高校総体)に戻ってくる。3年生に強力メンバーを揃え、6月10・11日に川崎市営等々力庭球場で行われた県予選で優勝し、7回目の出場を決めた。

 95校が出場し、1チームのみに与えられる神奈川代表の座を争った団体戦。相洋は、5月のダブルス県予選を制した神崎ひよりさん(3年)・平本茜里さん(2年)ペア、2位の高宮莉那さん・矢野礼実さん(ともに3年)ペアを軸に、3年の吉澤琉菜さん、佐藤彩夏さん、飯田彩華さん、1年の川嶋菜結さん、伊東未来さん、大木萌香さんで挑んだ。

 2回戦から登場した同校は、トーナメントを勝ち抜き4校総当たりの決勝リーグへ。3ペアがそれぞれ出場し、川崎橘高に2勝1敗、日大藤沢高と柏陽高に3勝して頂点に立った。

 「ギリギリの戦いが続いた」。全国行きを決めた県予選を、主将の矢野さんはこう振り返る。山場は、昨年の覇者・日大藤沢との第2試合。高宮・矢野ペアは、ゲームカウント3-0と試合を優勢に進めるも、相手の猛追にあう。そこで選手を後押ししたのが、チームメートや家族、卒業生らの声援だった。ついには3-3で並ばれた場面で、「苦しかった」という2人を救ったのは、第1試合で先勝していた神崎さんの「がんばれ」という一言だった。入学時からの戦友の励ましに息を吹き返した高宮・矢野ペアは、ファイナルゲームを制して全国を手繰り寄せた。

エース「みんなを連れて行く」

 「強い世代」と顧問の帆足仰教諭(58)が評する現3年生6人。1年のときから矢野さん、高宮さん、神崎さん、吉澤さんが全国を経験し、2年の昨季からはすでにチームの中心を担うまでに成長した。

 最後の夏となる今年は、「個人戦で負けた3年生も全国へ連れて行きたかった」とエースの高宮さん。吉澤さんと佐藤さんは先月の個人戦、全国をかけた一戦でファイナルゲームの末に敗れて悔し涙を流した。「もう団体戦しかなかったので、リベンジできてよかった」。出番こそまわってこなかった飯田さんは応援で仲間を支え、「勝ってくれてよかった」と感謝を口にした。

 同校のインターハイ団体戦での最高成績はベスト16。矢野さんは「技術と気持ちをしっかり準備して記録を塗り替えたい」と力強く語った。団体戦は、福島県会津若松市で7月29日(土)に実施される。

小田原版のトップニュース最新6件

優先交渉権者が決定

市民ホール整備事業

優先交渉権者が決定

12月16日号

10年越しの悲願達成

ベルマーレフットサル

10年越しの悲願達成

12月16日号

住民窓口11カ所 廃止方針

小田原市

住民窓口11カ所 廃止方針

12月9日号

合併見送りを表明

南足柄市

合併見送りを表明

12月9日号

オイルと塩漬けを初製造

小田原オリーブ

オイルと塩漬けを初製造

12月2日号

「合併推進」7割が肯定的

小田原市アンケート

「合併推進」7割が肯定的

12月2日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月16日号

お問い合わせ

外部リンク