青葉区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

"線"を追求の日々  全国総文祭に出展 市ヶ尾高校 植松さん

教育

県総合文化祭で入賞した作品と植松さん
県総合文化祭で入賞した作品と植松さん

 県総合文化祭での受賞を部長からのメールで知ったという植松真穂さん。「メールを見た瞬間、家で叫んでしまった。自信も全くなかった」という。

 書道を始めたのは小学校3年生のとき。書道の魅力を「線のかすれ、強弱、筆ならではの表現が面白い」と話す。実は、”いい線”とは何か、まだつかめていないという植松さん。同校書道部へ入部し、線を追求する気持ちが強くなった。「全国へ出展した先輩たちの作品を見ていると、自分も全国にという思いが芽生えた」という。

 出展した作品は中国宋時代に活躍した書家・米芾(べいふつ)の作品の臨書。昨年10月に題材を決め、2カ月間、同じ書と向き合った。3m近い半紙一枚を書き上げる時間は30分。墨のつけ具合、字の傾き、一筆に神経を集中させる。顧問の寺岡稔教諭は「線に素直さと伸びやかさがある」と植松さんの書について評価する。

 植松さんは「全国で同年代の書を見てたくさん刺激を受けたい」と意気込んだ。
 

青葉区版のローカルニュース最新6件

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク