青葉区版 掲載号:2013年1月10日号
  • googleplus
  • LINE

第89回箱根駅伝 日体大30年ぶり総合V 昨年19位からの下剋上

総合優勝のゴールテープを切る谷永雄一選手
総合優勝のゴールテープを切る谷永雄一選手

 1月2・3日に開催された『第89回東京箱根間往復大学駅伝競走』(箱根駅伝)で、往路を制した日本体育大学が、最後まで首位を譲らず30年ぶり10回目の総合優勝を飾った。過去最低19位でシード権を逃した前回大会から、予選会を経ての”復活劇”を見せつけた。

 3日の復路では、山上り5区で区間賞の力強い走りを見せた3年生主将・服部翔大選手に負けじと、4年生が最終学年の意地を見せた。7区・高田翔二選手と8区・高柳祐也選手が、区間2位の快走。一度も首位を譲らぬまま、アンカーの谷永雄一選手へと襷をつないだ。前々大会・10区で4校による熾烈なシード権争いを制した谷永選手。今回は、ユニフォームに刻まれた大学ロゴを突き出して、ゴールイン。名門復活を見せつけた。

歓喜のエッサッサ

 襷も途切れ、総合19位に沈んだ前回大会。レース直後、ゴール地点・大手町で涙に暮れるメンバーに、OBや保護者から『泣くんじゃない!』と檄が飛んだ。別府健至監督も、新3年生・服部選手を主将に指名。4年生らはさらなる屈辱を味わった。

 そんな昨年の雪辱を果たす様に、今回、大手町の真ん中に響き渡ったのは、日体大の伝統応援『エッサッサ』の音頭だ。陸上部員らは、応援に駆け付けてくれた学生や保護者、OBらに歓喜の『エッサッサ』を披露。半裸で見せた闘志に、盛大な拍手と歓声が贈られた。

山上りの新星・服部選手

 下剋上Vの決め手となったのは、2日の山上り5区。4区の木村勇貴選手(2年)から2位で襷を受け取った服部選手は、東洋大・早大を交わし、首位へ。暴風が吹き荒れる箱根路を安定したリズムで刻み、ライバルとの差を広げた。大会3週間前には、「(昨年東洋大エース)柏原選手に負けない走りもできると思う。強い日体大を見せつけたい」と意気込んでいた服部選手。その強さを証明する区間賞の走りで、自身初となるゴールテープを切った。「色々と苦労する部分もあったけれど、みんなで一丸となって頑張ってこれた。本当に良かった」と振り返った。

國學院大シード逃す

 「前半で流れを作りたい」としていた國學院大學だが、1区19位と出遅れ、総合14位に。10位までに与えられるシード権を逃した。
 

エッサッサを披露
エッサッサを披露

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク