青葉区版 掲載号:2014年6月5日号 エリアトップへ

東急MD 区内2施設で売上最高に 地域密着が奏功、集客増

経済

掲載号:2014年6月5日号

  • LINE
  • hatena
たまプラーザ テラス(上)と青葉台東急スクエア
たまプラーザ テラス(上)と青葉台東急スクエア

 (株)東急モールズデベロップメント(和田博之社長)=本社・東京都渋谷区=が運営する商業施設「たまプラーザ テラス」(以下テラス)と「青葉台東急スクエア」(以下スクエア)の2013年度テナント売上高が、過去最高を記録。同社が5月に発表した。

 東急田園都市線のたまプラーザ駅、青葉台駅にそれぞれ直結する両施設。テラスの売上高は前年比約23億円増の約537億7千円で、入館者数は約2883万5千人。スクエアは前年比約8億円増の約226億3千万円で約1728万1千人だった。

 2007年10月に開業し、140店舗を有するテラス。昨年度、年間400本以上のイベントを開催したほか、クリスマス装飾で7年ぶりに街路樹イルミネーションを復活させるなど、多世代向けの企画で集客増につなげた。「物を売るだけではなく、生活スタイルを実現する場にするのがコンセプト。『行ったら何か(イベント等を)やっていた』という状況を常につくりたい。今年度は年間500本超えを目指す」と小西郁良総支配人は意気込む。

 2000年11月開業、113店舗のスクエアでは、10年から3年間かけて店内のリニューアルを手がけてきた。「週3回以上のリピート客が約4割、週1回では7割を超え、日常的な来店傾向がうかがえる」と杉本義夫総支配人。昨年度はメンズ服の新店オープンや、増税前の駆け込み需要などもあり、売り上げ増の後押しに。日本体育大学吹奏楽部の演奏やキッズチアリーディング体験、横浜美術大学の学生による地下通路の壁画制作など、地元大学との連携に昨年着手。地元住民に愛着を持ってもらおうと、施策を講じている。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

胎児に読み聞かせ

胎児に読み聞かせ 文化

先輩ママとの交流も

5月13日号

クリーニング界に新風

テレビで続々紹介

クリーニング界に新風 社会

洗濯ブラザーズ 茂木さん

5月13日号

「想像力を働かせてみて」

「想像力を働かせてみて」 社会

男女共同参画センター横浜北 白藤館長に聞く(上)

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 経済

紙は5月末で販売終了

5月13日号

新型コロナ感染者 前週比72人増

【Web限定記事】5月6日発表

新型コロナ感染者 前週比72人増 社会

青葉区状況 横浜市内で最も増加

5月13日号

センター北に交付拠点

マイナンバーカード

センター北に交付拠点 社会

申請急増見据え窓口新設

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter