青葉区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

全日本大学女子サッカー 日体大 16回目の頂点 大阪体育大に雪辱果たす

スポーツ

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena
明るさと一体感が強みの日体大女子サッカー部=1月29日、健志台キャンパス
明るさと一体感が強みの日体大女子サッカー部=1月29日、健志台キャンパス

 大学女子サッカーの日本一を決める第23回全日本大学女子サッカー選手権(インカレ)の決勝が1月18日、味の素フィールド西が丘=東京都=で行われ、鴨志田町の横浜・健志台キャンパスで練習する日本体育大学が大阪体育大学をPK戦で下し優勝を果たした。日体大の優勝は、2年ぶり16回目。

 1月7日から行われた同大会には、各地域の予選を勝ち抜いた24校が参加。大学日本一を懸けて熱戦を繰り広げた。シードの日体大は2回戦から登場。筑波大学との接戦を制すると、準々決勝で新潟医療福祉大学を6―0で圧倒。勢いに乗り、準決勝で前年覇者の吉備国際大学を1―0で下し、決勝に駒を進めた。

決勝はPK戦に

 決勝で顔を合わせた大阪体育大学は、昨年の同大会準々決勝で敗れた相手。「緊張感はあったが、明るく自分たちらしいサッカーをやろう」と試合に臨んだ。風下の前半は我慢する時間帯が続き、互いに無得点。風上の後半は押し気味で試合を進め、昨年アジア杯の日本代表、DF羽座(はざ)妃粋(ひすい)選手(18)らが「1点取れたらチームが落ち着く」と攻勢を強めたが得点は奪えなかった。「互いが良さを消し合う展開だった」と矢野晴之介監督は振り返る。

 延長戦も互いに譲らず、PK戦に突入。矢野監督は「1試合通じて走り勝てていた。チームの雰囲気も良かった」と、自信を持って選手を送り出した。日体大が全員成功する中、大体大は2人が失敗。4―2で勝利を手にした。

直前に結束深め

 豊富な運動量で走り勝つサッカーを掲げてきた日体大。今年はリーグ戦で多くの選手を起用し、選手層が厚くなったという。「全員で苦しいことをやってきた。試合を重ねるごとに成長しているのがわかった」と矢野監督は目を細める。

 インカレの予選は全勝優勝で突破したものの、本戦の直前には「勝つチームの雰囲気ではない」と感じた矢野監督がミーティングで一喝。これにより「危機感を持った」という繁(しげ)静里香主将(22)を中心にチームがまとまり、一体感を持って大会に臨んだという。

 4年生は今大会で引退し、今後は新チームとして始動する。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook