青葉区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

学徒勤労動員先で空襲に 【1】市ヶ尾町・鈴木光男さん(上)

社会

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
当時の体験がつづられた日記
当時の体験がつづられた日記

 1945年5月29日の横浜大空襲から明日で70年。本紙では青葉区ゆかりの戦争体験者を取材し、それぞれの記憶を連載でたどる。

    ◇   ◇

 市ヶ尾町在住の鈴木光男さん(87)は、戦時中の学徒勤労動員=注=の経験を持つ一人だ。旧制中学5年生(当時16歳)の時、故郷の福島県から相模陸軍造兵(ぞうへい)廠(しょう)(現・在日米陸軍基地相模総合補給廠)に動員された後、旧制高校1年生として山形県の地下病院の建設に動員され、終戦を迎えている。

 それから25年後、東急田園都市線が開通して間もない青葉区に。82歳の時、学徒勤労学生の経験を記録しようと、当時の日記を『学徒勤労動員の日々』(近代文藝社)にまとめた。「学徒勤労動員について取り上げられることは少ない。後世に残したかった」と動機を話す。

 日記には少年時代の体験や心情がつづられている。配属された工場では、牽引車のエンジンを製造。12時間労働で、1週間ごとに夜勤もあった。次第に空襲警報が増え、不安な日々が続いた。

 「2月17日 …敵機来襲の間をぬって漸くにして寮に帰る。そのとたん、頭上の敵機より猛烈な機銃掃射あり。…わが十四番室の前の廊下の柱に敵弾三発命中。…遂にわが部屋は狙われたり。…宿舎前の広場のタコ壺濠に入る」(同書より)

 45年2月の空襲では、鈴木さんの宿舎で死傷者はいなかったものの、造兵廠の別の工場では女子挺身隊を含む数名が亡くなった。

 中学が修了する5年生の3月に、同造兵廠で卒業式は行われたものの、学徒勤労動員は延長され、工場にとどめ置かれることになった。5月の横浜大空襲の日記には、異変の様子が記されている。

 「5月29日 …B29が横浜地区に来襲した。我々の頭上を通過して行く。…横浜の方をみると、どんよりとした曇り空の下に、黒い煙がただよっていた。異様な焦げくさい臭いもした」(同書より)

 その後、工場では「周りでもかなり多くの横浜の人が休んでいた」と振り返る。親類、知人の安否の確認や、焼け跡整理の手伝いなどで、横浜に向かった人が多かったという。  ―つづく

 注…学徒勤労動員とは、国の方策で中学から大学までの生徒・学生が戦力増強のために農村や工場に動員され、産業に従事したもの。
 

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

辛さの”狂宴”楽しんで

辛さの”狂宴”楽しんで 社会

22日〜藤が丘で汗まつり

7月18日号

毒物テロの対策訓練

毒物テロの対策訓練 社会

二次被害防ぐ手順確認

7月18日号

地区センでサッカー体験

日体大FIELDS横浜

地区センでサッカー体験 スポーツ

初の開催に親子15組

7月18日号

青葉のランナー募集

青葉のランナー募集 スポーツ

24日〜 大会受付開始

7月18日号

「21日は選挙に行こう」

「21日は選挙に行こう」 政治

参院選の投票をPR

7月18日号

内田県議が令和を祝う会

内田県議が令和を祝う会 社会

「支える会」の発表も

7月18日号

会長が語る町の歴史

会長が語る町の歴史 文化

奈良地区センター

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風景写真など展示

風景写真など展示

16日からあざみ野で

7月16日~7月21日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク