青葉区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

パラ競泳金メダリスト 成田さんが現役復帰 鉄町「横浜サクラ」で再始動

スポーツ

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
成田さん(右)と堀越コーチ
成田さん(右)と堀越コーチ

 パラリンピック4大会に出場し、金メダル15個を獲得した成田真由美さん(44)=川崎市在住=が今春に選手として復帰。9月のジャパンパラ水泳競技大会に向け、所属する横浜サクラスイミングスクール=鉄町=で再始動している。

 成田さんが初めて同クラブを訪れたのは、25歳の時。水泳選手としてアトランタパラリンピックを目指そうと、スイミングクラブを探していた時期だった。下半身マヒがあったことから受け入れてくれるクラブが見つからず、7カ所目だった横浜サクラスイミングスクールの福元寿夫コーチに出会い、所属が決まった。その後、アトランタ、シドニー、アテネ各大会で通算20個のメダルを獲得。2008年の北京大会出場後は第一線を退いていた。

 アトランタ大会でのメダル獲得後から、「五輪に比べて知名度の低いパラリンピックをもっと知ってほしい」という思いを抱いていたという成田さん。昨年から務めている、2020年東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会理事の活動を行う中で、よりパラリンピックを盛り上げたいという思いが強くなったという。

 「自分が大会で泳ぐことで、少しでもパラリンピックという言葉が活字になれば」と成田さんは話す。

 これまでも水泳は続けていたが、昨年11月から堀越正之コーチのもとで、本格的なトレーニングに励むようになった。堀越コーチが毎回、個人メニューを作成し、水中でパラシュートを付けて負荷をかけながら筋力をつけるトレーニングなどを続けている。堀越コーチは成田さんについて「向上心の強さが持ち味。自分の限界に挑戦し、頑張ってほしい」と話す。

 今月14日には、関東身体障害者水泳選手権大会(長野県)で、女子100m自由形と同平泳ぎに出場。標準記録を超え、9月のジャパンパラ水泳競技大会への出場資格を得た。「レース後半で(スピードが)落ちないように持久力を付けることが課題」と振り返る。

 同クラブで練習をはじめて約20年。「サクラ(スイミング)は本当に大切な場所。感謝の気持ちを持って泳ぎたい」と成田さん。9月のジャパンパラ大会、11月の日本選手権での記録更新を目標に、練習を重ねていく。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook