青葉区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

箱根駅伝 国学院大、連続出場へ 昨年に続き11回目

スポーツ

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena
国学院大学の向晃平主将
国学院大学の向晃平主将

 年始の風物詩である箱根駅伝(第94回東京箱根間往復大学駅伝競走)の予選会が10月14日に都内で行われ、国学院大学が6位で本大会出場権を獲得した。本大会の出場は2年連続、通算11回目の出場となる。同大はシード権確保に向け意欲を燃やしている。

 予選会は前回大会でシード権を逃した大学など49校が出場。各校12人までが参加でき、20Kmコースを走って上位10人の合計タイムで争う。本大会への出場権は上位10校までで、国学院大学は10時間7分35秒で6位。同大によると歴代2位での記録だという。予選会1位は帝京大学の10時間4分58秒で、国学院大学とは2分37秒差だった。

 向晃平主将(4年)は「予選3位通過を目標にやってきたが、結果としては6位と課題が残った。個人としても力を出し切れなかったが、味方に助けられ、予選通過できたことはよかった」と振り返る。「本大会に向け全員が力をつけることで、シード権を獲得できるようにがんばっていきたい」と思いを語った。

 前田康弘監督は「本大会までには全日本大学駅伝大会などが控えているので、まずはそこでの記録向上を目指したい。その後、合宿などで調整していければ」と意気込みを見せた。

 箱根駅伝は前回大会の上位10校と、予選会の上位10校、そこにオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが出場し、来年1月の2日・3日にたすきを繋いで合計217・1Kmを走りぬく。青葉区ではほかに日本体育大学が出場する。

 前回大会の国学院大学の記録は11時間28分45秒で総合16位だった。

青葉区版のトップニュース最新6

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 しらとり台で開始

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter