青葉区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

箱根駅伝 国学院大、連続出場へ 昨年に続き11回目

スポーツ

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena
国学院大学の向晃平主将
国学院大学の向晃平主将

 年始の風物詩である箱根駅伝(第94回東京箱根間往復大学駅伝競走)の予選会が10月14日に都内で行われ、国学院大学が6位で本大会出場権を獲得した。本大会の出場は2年連続、通算11回目の出場となる。同大はシード権確保に向け意欲を燃やしている。

 予選会は前回大会でシード権を逃した大学など49校が出場。各校12人までが参加でき、20Kmコースを走って上位10人の合計タイムで争う。本大会への出場権は上位10校までで、国学院大学は10時間7分35秒で6位。同大によると歴代2位での記録だという。予選会1位は帝京大学の10時間4分58秒で、国学院大学とは2分37秒差だった。

 向晃平主将(4年)は「予選3位通過を目標にやってきたが、結果としては6位と課題が残った。個人としても力を出し切れなかったが、味方に助けられ、予選通過できたことはよかった」と振り返る。「本大会に向け全員が力をつけることで、シード権を獲得できるようにがんばっていきたい」と思いを語った。

 前田康弘監督は「本大会までには全日本大学駅伝大会などが控えているので、まずはそこでの記録向上を目指したい。その後、合宿などで調整していければ」と意気込みを見せた。

 箱根駅伝は前回大会の上位10校と、予選会の上位10校、そこにオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが出場し、来年1月の2日・3日にたすきを繋いで合計217・1Kmを走りぬく。青葉区ではほかに日本体育大学が出場する。

 前回大会の国学院大学の記録は11時間28分45秒で総合16位だった。

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook