青葉区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

「お産医療活性化」に着眼 ビジネスアワード

社会

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena
プレゼン資料を手に笑顔の竹内さん
プレゼン資料を手に笑顔の竹内さん

 美しが丘に拠点を置く協同労働協会「オイチ」のビジネスプラン発表会が行われ、都筑区在住の竹内章人さん(35)がグランプリに選ばれた。

 オイチは起業家の交流や人脈づくり、ビジネスを通した地域課題解決などを目指すNPO法人。同発表会は「ビジネスアワード」と題して会員を対象に行っており、今回が7回目となる。

「産み育てやすい社会へ」

 発表したのは「日本のお産医療の現場を活性化する」プラン。竹内さんは産婦人科医のブランディングなどを行ってきた経験から、高齢出産の増加でリスクが高まる一方、医師が足りていない現状への課題を感じていたという。「少子化の一因でもある医師不足を解消するためにも、現場の支援をしたい」と竹内さん。プランではパンフレット制作やウェブを通し、多忙な医師に代わって医院の魅力や思いを発信する広報役を無償で担うことを提案。収益はそこで培った医師とのコネクションを活用し、製薬会社などの企業と医師とをつなぐアポイント代行でまかなうといい、事業化に向けて調査を進めている。

 同法人の坂佐井雅一理事長は「着眼点がよく、社会課題解決も見据えた刺激的なプラン」と評価。竹内さんは「秋頃には本格稼働したい。産み育てやすい社会につながれば」と話している。

青葉区版のローカルニュース最新6

災害備え自転車で巡回

災害備え自転車で巡回 経済

横建協青葉区会

11月26日号

神奈川大会で準優勝

青葉ボーイズ

神奈川大会で準優勝 スポーツ

ベイ杯出場切符を獲得

11月26日号

身近な危険と防災、触れて

身近な危険と防災、触れて 教育

もえぎ野中が校外学習

11月26日号

ひとり親でトークサロン

ひとり親でトークサロン 社会

 28日に青葉台で

11月26日号

コロナ終息願い、千羽鶴

コロナ終息願い、千羽鶴 社会

村田俊太君がプレゼント

11月26日号

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに 文化

コロナに負けず、31回公演

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク