青葉区版 掲載号:2018年7月26日号
  • LINE
  • hatena

市大会で10年ぶり優勝 あざみ野FC U―12

スポーツ

 第45回横浜市春季少年サッカー大会決勝がこのほど行われ、高学年の部(U―12)であざみ野FC=写真=が10年ぶりの優勝を果たした。林和泉代表は「U―12は10年4カ月ぶりに横浜市の頂点に立つことができた。4月からOB大学生コーチも加わり、短期間で大きな成長を見せてくれた」と話している。

 U―12の大会は8人制で、市内165チームが出場。16ブロックに分かれ、4月から行われたリーグ戦の優勝チームがトーナメントへ進み、市内1位の座を競い合った。

 あざみ野FCはAブロックを順当に勝ち上がりトーナメントに進出。1回戦を5対0で勝利し、2回戦も2対0と危なげなく駒を進めると、準決勝で優勝候補のバディーSCを僅差で下したSCH・FCとの対決に。注目の試合の中、前半にフリーキックを得ると、直接ゴールを決めて先制点を奪った。流れをつかんだ後半でも右サイドからボールを運んで追加点を決め、2対0で勝利を飾った。

 決勝戦の相手は横浜港北SC。前半に相手チームのエース選手に1点を奪われたものの、フリーキックから1点を返して同点に。後半ではキーパーと1対1の場面で冷静にループシュートを決め、2対1と接戦を制した。

 キャプテンの埜口怜乃(れの)くんは「市の優勝ということに満足せず、強豪にも勝てるよう精進していきたい」と話している。

 同チームは10歳以下の部で3位、8歳以下の部で準優勝と、各年代でも好成績を残している。

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古着で作るお花のポット

古着で作るお花のポット

浜美大がワークショップ

4月27日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク