青葉区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

(PR)

「足」からカラダを変える 医師監修のフィットネスジム「Free STYLE」

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
平島院長(左)とともに、日々話し合いを重ねる古澤代表トレーナー(中)と中田チーフトレーナー
平島院長(左)とともに、日々話し合いを重ねる古澤代表トレーナー(中)と中田チーフトレーナー

 慢性的な膝の痛みや腰痛、その原因は、体を支える「足」にあった―。医師監修のメディカルフィットネスジム「Free STYLE」では、そんな足にまつわる悩みを解決するワンコインセミナーを、8月21日(火)、22日(水)に開催する。

 「日本人の7割を占める『過回内』という足部の倒れ込み状態が、足の裏や膝、腰の痛みを引き起こす原因になる」と古澤代表トレーナー。過回内の状態が続くと、日々の動作で足首の骨格に歪みを起こし、全身に過剰な負担がかかる。これが痛みの元になるという。日本では痛みそのものへの治療を行うことが多いが、海外には専門の「足病医」が存在し、足の使い方や矯正により根本治療を目指すのが一般的だ。

 同ジムではこれらの痛みの根本にアプローチ。鍼灸師の古澤代表トレーナーが足の状態を測定し、歩き方のクセ等を見極め現状を評価。動かし方を改善するトレーニングを行い、必要に応じて熱形成タイプの矯正用インソールを作る。「歳のせいと諦めず、日常の中で改善できることを知ってほしい。ランナーなど運動中に痛みがある人もぜひ」

 セミナーで足の測定・評価、簡単にできるエクササイズも教えてくれる。足腰や膝の痛みに悩んでいる人は、気軽に参加を。

80代からも好評

 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックの平島徹朗院長が「病気にならない予防医学」を目指して医療監修を務める同ジム。筋トレ目的ではなく、若者も80代も個々の目標に沿ってパーソナルトレーニングを行う。健康な身体づくりのために、まずは無料カウンセリングへ。

Free STYLE

神奈川県横浜市青葉区新石川2-4-14 ブリスたまプラーザ2階

TEL:080-3710-5258

https://www.gym-freestyle.com/

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等のみです

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

半期に一度 決算セール

半期に一度 決算セール

現品限り特別価格多数 7月末まで

7月7日号

シニアの住まい、イチから学ぶ

東急不動産HDグループのシニア向け住宅「グランクレール青葉台」

シニアの住まい、イチから学ぶ

7月16日(土) 無料セミナー 4組限定

7月7日号

ダイエット、自己流で頑張っても結果が出ない!?

患者の悩みごと相談室「教えて!きへい先生」【3】

ダイエット、自己流で頑張っても結果が出ない!?

7月7日号

アトリエジュンコ展×インボルゴピンティ展

アートハウス21

アトリエジュンコ展×インボルゴピンティ展

7月1日から10日まで同時開催中

7月7日号

もっと日本を。もっと世界へ。

もっと日本を。もっと世界へ。

* 國學院大學

7月7日号

身体に纏(まつ)わる文化と科学の総合大学

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook