青葉区版 掲載号:2018年9月20日号
  • LINE
  • hatena

地域の防犯活動に尽力 区内1団体・3人に感謝状

社会

左から大楽さん、守屋さん、依藤さん、柏村さん
左から大楽さん、守屋さん、依藤さん、柏村さん
 防犯意識を高め、安全で安心な地域社会の実現を目指すことなどを目的とした「第49回地域安全県民のつどい」が9月7日、西区の神奈川県立青少年センターで行われた。主催は(公社)神奈川県防犯協会連合会と神奈川県警察。

 式典では毎年、防犯活動に積極的に尽力した団体・個人に感謝状等を贈呈する表彰を行っている。今年は区内から1団体、3人が表彰された。受賞団体・個人は以下の通り(敬称略)。

 【神奈川県防犯協会連合会会長感謝状】個人/大楽俊一(美しが丘連合自治会所属)【神奈川県防犯協会連合会会長・神奈川県警察本部長連名感謝状】団体/市ヶ尾連合自治会(柏村茂会長)、個人/守屋富美子(えだにし学援隊所属)、依藤守男(すすき野連合自治会所属)

各エリアで取り組み

 県防犯協会連合会会長感謝状を贈呈された大楽さんは「防犯たまプラーザ・ステーション」の会長を務め、毎月1回、メンバーでたまプラーザ駅周辺のパトロールを実施。また振り込め詐欺防止キャンペーンも行っている。

 団体として表彰された市ヶ尾連合自治会は、自治会町内会の連携を図りながら一丸となり、地域の安心・安全を守るため、様々な取り組みを積極的に続けている。

 個人で表彰を受けた守屋さんは、15年前から登下校中の児童の見守り活動を続け、2006年のえだにし学援隊発足時にはPTA会長として、12年からは学援隊隊長として防犯活動に努めてきた。

 また、依藤さんはすすき野連合自治会会長として各自治会町内会に防犯活動を奨励、地域の防犯活動に積極的に取り組んでいる。

 感謝状を受けた大楽さんは「今後もこれまで行ってきたパトロールと詐欺防止の活動をさらに強化していきたい」と思いを語っていた。

青葉区版のローカルニュース最新6件

国民民主党 神奈川県連

2019年 統一地方選挙 神奈川県内 立候補者募集

http://dp-kanagawa.jp/joining/youkou.html

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年最後の運試し

藤が丘

今年最後の運試し

9日から大抽選会

12月9日~12月16日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク