青葉区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

青葉応援団 「自分たちの熱意伝えたい」 元石川高の3人

文化

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
左から石江君、大嶋君、丸山君
左から石江君、大嶋君、丸山君

 応援文化を広めようと活動する青葉応援団。8月の応援演舞などを行う「団祭」に向け、練習を重ねる元石川高校3年の3人に話を聞いた。

◇  ◇

 「青葉をみんながみんなを応援できる街に。誰かを応援することを当たり前に」をビジョンに各団体への応援活動や啓発活動などを行う同団。地元有志で構成され、今年1月からは高校3年生の石江優斗君、大嶋祐光君、丸山祐太君が加入。クラスは違うが仲が良く、昨年12月の終業式で生徒への応援パフォーマンスを行った龍口健太郎団長に誘われて入団。以来、応援ワークショップなどに参加してきた。

地域との繋がり感じて

 「高校生の残りの期間、何か一つ成し遂げたかった」と石江君。大嶋君は「新しい気がして、チャンレジしてみようと思った」と話すが、「同級生からの目は少し気になった」と本音ものぞかせる。2人に誘われてなんとなく入ったという丸山君も入団当初は躊躇いがあったというが、練習を重ねるうちに面白さを感じ、この春行ったたまプラーザ桜まつりでの応援パフォーマンスで「逆に地域の人に応援されて、そういう関係もすごくよかった」と心境の変化も語る。

 団祭では3人が中心になって登場する場面も。石江君は「応援されて嫌な人はいないと思うし、勇気づけたり元気を与えたりできる」と応援の魅力を語り、「当日は自分たちの活力あふれるパワーや必死さを見てほしい」と意気込む。大嶋君も「自分たちやこれまでの練習など何も知らなくても、当日青葉を応援しているんだぞという熱意が伝われば」。丸山君は「若さの力をみんなに知ってほしい」と笑顔で語った。

 団祭は8月18日(日)、青葉公会堂で午後2時に開演。無料。青葉応援団とゲストの國學院大學全學應援團の演舞が楽しめるほか、自分が応援したい人や来場者にエールを送る「あなたのエール」コーナーも(事前申込制)。申し込みは同団【電話】050・5883・2671へ。

青葉区版のローカルニュース最新6

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展 文化

服部篤浩さん

10月22日号

認知症を語り合う

認知症を語り合う 社会

27日にオンラインカフェ

10月22日号

手紙の書き方、学ぶ

美しが丘西小

手紙の書き方、学ぶ 教育

郵便局長が授業

10月22日号

23日から飲食店で販売

23日から飲食店で販売 社会

区内産小麦のあおばビール

10月22日号

地図片手にアトリエ散策

地図片手にアトリエ散策 文化

あすから「寺家回廊」

10月22日号

青葉区コロナ患者 10人増

【Web限定記事】

青葉区コロナ患者 10人増 社会

市内2番の312人

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク