青葉区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

特養に子ども集える場を 将来は多世代交流も視野

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
カレーを食べながら談笑する参加者たち
カレーを食べながら談笑する参加者たち

 元石川町の特別養護老人ホーム「たまプラーザ倶楽部」で8月6日、地域の子どもたちが気軽に集える場「こどもの輪」が開かれた。

 これは、同施設が地域貢献の一環として7月から始めたもので、月1回開催している。親の帰りが遅く夕飯を子どもが1人で食べる「孤食」や、遊んだり勉強する場がない子どもたちに、学校や家とも違う居場所づくりを目的としている。区内には子ども食堂や居場所づくりの活動をする団体も多く、同施設の中村篤志施設長は「ここならではの設備を生かし、他団体と連携したり、協力もしていけたら」と話す。

 この日は、1歳から15歳の5人が参加。同施設の介護士などのスタッフや地域ボランティアと一緒にゲームを楽しんだり、具沢山のカレーを食べながら談笑していた。中村施設長は「ボランティアの方々との交流や、今後は入居者とのふれあいなど多世代交流に広げられるかもしれない。まだ始まったばかりだが、いろいろな可能性がある。みんなでワイワイできる場として、地域のお子さんたちに気軽に来てもらえたら」と話す。

 参加は、食事のアレルギーなどを確認するため事前登録制。中学生以下無料、高校生以上300円(食事代込み)。毎月第1火曜日、午後4時から7時まで。問合せは同施設【電話】045・909・5261へ。

青葉区版のローカルニュース最新6

商店会の絆で弁当販売

商店会の絆で弁当販売 社会

桜台商店会 NPO法人エキープ

5月28日号

平和のバラ見頃

平和のバラ見頃 文化

寺家町・のむぎで

5月28日号

自宅で楽しく歯磨き遊び

自宅で楽しく歯磨き遊び 社会

区内歯科がキットを配布

5月28日号

症状あれば診療所へ

新型コロナ

症状あれば診療所へ 社会

自宅療養せずに受診を

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

マスクと消毒液を地域に

【Web限定記事】

マスクと消毒液を地域に 社会

困ったときは助け合い

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク