青葉区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

悲しみを抱いて生きる 垣添氏講演に86人

社会

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
講演する垣添氏
講演する垣添氏

 がん患者やその家族、遺族が病気の悩みや不安などについてお茶を飲みながら話をする「たまプラーザがん哲学外来カフェ」の3周年を記念し、11月2日にたまプラーザ地域ケアプラザで記念講演会が行われた。

 当日は86人が参加するなか、日本対がん協会会長で国立がんセンター名誉総長の垣添忠生氏が「悲しみを抱いたまま生きる」と題して講演=写真。垣添氏は、がんの概要について語った上で、妻ががんで亡くなった自らの経験を語った。

 がんの専門家である垣添氏でも悲しみに明け暮れたこと、そして徐々に人との関わりや趣味を通し絶望から立ち直っていった過程に、会場は静かに耳を傾けていた。カフェ代表の和田眞さんは「垣添先生からは臨床的なお話だけでなく心に触れるお話があった。今後もこうした講演会を開ければ」と話す。

青葉区版のローカルニュース最新6

災害備え自転車で巡回

災害備え自転車で巡回 経済

横建協青葉区会

11月26日号

神奈川大会で準優勝

青葉ボーイズ

神奈川大会で準優勝 スポーツ

ベイ杯出場切符を獲得

11月26日号

身近な危険と防災、触れて

身近な危険と防災、触れて 教育

もえぎ野中が校外学習

11月26日号

ひとり親でトークサロン

ひとり親でトークサロン 社会

 28日に青葉台で

11月26日号

コロナ終息願い、千羽鶴

コロナ終息願い、千羽鶴 社会

村田俊太君がプレゼント

11月26日号

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに 文化

コロナに負けず、31回公演

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク