青葉区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

悲しみを抱いて生きる 垣添氏講演に86人

社会

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
講演する垣添氏
講演する垣添氏

 がん患者やその家族、遺族が病気の悩みや不安などについてお茶を飲みながら話をする「たまプラーザがん哲学外来カフェ」の3周年を記念し、11月2日にたまプラーザ地域ケアプラザで記念講演会が行われた。

 当日は86人が参加するなか、日本対がん協会会長で国立がんセンター名誉総長の垣添忠生氏が「悲しみを抱いたまま生きる」と題して講演=写真。垣添氏は、がんの概要について語った上で、妻ががんで亡くなった自らの経験を語った。

 がんの専門家である垣添氏でも悲しみに明け暮れたこと、そして徐々に人との関わりや趣味を通し絶望から立ち直っていった過程に、会場は静かに耳を傾けていた。カフェ代表の和田眞さんは「垣添先生からは臨床的なお話だけでなく心に触れるお話があった。今後もこうした講演会を開ければ」と話す。

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook