青葉区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

顧客開拓の好機に たまプラーザ商店会 炭火串焼 とり平

経済

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 たまプラーザ駅の近くで、備長炭で焼き上げた焼き鳥が人気の「炭火串焼 とり平」。現在、店内営業は休止となっているが、テイクアウトに力を入れ、好評だという。

 「お店が営業できなくなって『何ができるか』を考えました」と話すのは飯村勇副店長。食卓を豊かにできればと4月から看板の焼き鳥や人気メニューのほか、そぼろ丼や親子丼(ともに500円)、焼き鳥丼(1200円)など食事メニューのテイクアウトを開始。常連客以外に、今まで居酒屋に足が向かなかった、家族や高齢者の客も増えているなど好調だという。飯村副店長は改正健康増進法で店内禁煙になったことや近隣にマンションができたことに触れながら「こんなお店だよ、居酒屋のご飯もおいしいよと伝えられれば」とテイクアウトを新しい顧客層開拓の好機と捉えている。5月中はテイクアウトのみ。今後はウーバーイーツの利用も検討しているという。営業時間は午前11時30分から午後8時。不定休。【電話】045・902・2337

 同店が加盟するたまプラーザ商店会は、47の会員に対して経営の一助にしてほしいと現金5万円に加え、マスク100枚、消毒薬を配布するなど支援している。

青葉区版のローカルニュース最新6

新看板で交通安全を周知

新看板で交通安全を周知 文化

横浜美大 伊藤さんが描く

3月4日号

青葉区で進む農・福・商連携

青葉区で進む農・福・商連携 経済

横浜市でも注目集める

3月4日号

横浜総合病院に寄付

三菱UFJ

横浜総合病院に寄付 社会

「医療従事者に癒しを」

3月4日号

プログラミングに挑戦

荏田小4年

プログラミングに挑戦 教育

ロボットを動かそう

3月4日号

3・11を忘れない

3・11を忘れない 社会

オンラインでイベント

3月4日号

「ボランティア」から「家族」へ

3・11連載【1】東日本大震災から10年”忘れない”を力に

「ボランティア」から「家族」へ 文化

都筑区で活動 岡田章吾さん(35)

3月4日号

個別指導塾「マイジャイロ」

工学博士考案の最強の勉強法「自立学習法」を身につける

https://www.mygyro1985.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • GIGAスクール構想の始動

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

    GIGAスクール構想の始動

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月25日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

    2月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第11回「食育は生きる力の基礎を養います」

    2月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク