青葉区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

顧客開拓の好機に たまプラーザ商店会 炭火串焼 とり平

経済

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 たまプラーザ駅の近くで、備長炭で焼き上げた焼き鳥が人気の「炭火串焼 とり平」。現在、店内営業は休止となっているが、テイクアウトに力を入れ、好評だという。

 「お店が営業できなくなって『何ができるか』を考えました」と話すのは飯村勇副店長。食卓を豊かにできればと4月から看板の焼き鳥や人気メニューのほか、そぼろ丼や親子丼(ともに500円)、焼き鳥丼(1200円)など食事メニューのテイクアウトを開始。常連客以外に、今まで居酒屋に足が向かなかった、家族や高齢者の客も増えているなど好調だという。飯村副店長は改正健康増進法で店内禁煙になったことや近隣にマンションができたことに触れながら「こんなお店だよ、居酒屋のご飯もおいしいよと伝えられれば」とテイクアウトを新しい顧客層開拓の好機と捉えている。5月中はテイクアウトのみ。今後はウーバーイーツの利用も検討しているという。営業時間は午前11時30分から午後8時。不定休。【電話】045・902・2337

 同店が加盟するたまプラーザ商店会は、47の会員に対して経営の一助にしてほしいと現金5万円に加え、マスク100枚、消毒薬を配布するなど支援している。

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook