青葉区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

市政報告【13】 フードドライブで食品ロス削減を‼ 横浜市会議員 田中ゆき

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 皆さん、食べきれない食品を年間どのくらい捨てていますか?横浜市の家庭ごみの中には、食べ残しや手つかず食品、野菜等の皮を厚くむき過ぎる過剰除去といった、本来食べられるのに廃棄される「食品ロス」が年間約9万4千トンも含まれています。

 これは市民一人当たり約25キロになる量です。食品を生産・流通・廃棄する過程では温室効果ガスが発生し、地球環境に影響を与え、食糧難を招く恐れもあります。

 食品ロスのうち、手が付けられないまま捨てられてしまう「手つかず食品」が年間約2万トンも含まれています。

 そのロスを減らそうと注目されているのが「フードドライブ」です。消費しきれない食品を寄付し、フードバンクを通じて食支援が必要な人や福祉施設に届ける運動です。新型コロナウイルスの影響で収入がなくなり、食支援を必要としている人が増えています。フードドライブでは、未開封で、賞味期限が2カ月以上残っている、常温保存できる食品を集めています。

 青葉区では、イトーヨーカドーたまプラーザ店、ユーコープ(桜台店、たまプラーザ店、ハーモス荏田)などで食品寄付を受けつけています。消費しきれない食品は早めにフードドライブに寄付し、食品ロスを削減しましょう。

田中ゆき

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

「ワクチン接種の前倒しに向けて。」

すべては次の世代のために

「ワクチン接種の前倒しに向けて。」

文部科学大臣政務官/衆議院議員 みたに英弘

6月10日号

市独自の潜在看護師登録制度の創設を!

市政報告【19】

市独自の潜在看護師登録制度の創設を!

横浜市会議員 田中ゆき

6月3日号

今年度は脱温暖化とデジタル

今年度は脱温暖化とデジタル

横浜市会議員 山下正人

6月3日号

県民の住環境を整える【3】

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

県民の住環境を整える【3】

民間賃貸住宅への円滑な入居について

5月27日号

マイボトルスポットの活用を!!

市政報告【18】

マイボトルスポットの活用を!!

横浜市会議員 田中ゆき

5月7日号

県民の住環境を整える【2】

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

県民の住環境を整える【2】

居住支援の推進について

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter