青葉区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

黄金色の稲を収穫 区内各所で稲刈り進む

社会

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena
機械で収穫する大貫さん
機械で収穫する大貫さん

 今年も稲の収穫時期を迎え、田奈町の田んぼでも秋晴れの中、稲刈りが行われた=22日撮影。

 田奈町で農家を営む大貫智義さんが受託する田んぼでこの日収穫したのは「きぬひかり」。さっぱりとしながらもうまみがあり、冷えてもおいしいのが特徴だという。

 大貫さんは自身が所有する7500平米の田んぼでも1日に約1500kg収穫する。今年の出来について「7月の長雨もあったが平年並みの収穫量で一安心」と話していた。

 収穫したものは、その日のうちに乾燥機で乾燥させ、籾摺りを経て玄米になる。その後精米し、白米として食卓に並ぶ。昔は10日程かかっていたが機械化で2日前後でできるようになった。

 大貫さんがこだわるのは、子どもが安心して食べられるものを作ること。「新米はぜひ塩おにぎりで味わってほしい」と笑顔で話した。

 区内産の新米は区内のJA横浜「ハマっ子」直売所の四季菜館、中里店、たまプラーザ店で10月下旬から販売予定だ。

収穫時期を迎えた「きぬひかり」
収穫時期を迎えた「きぬひかり」

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook