青葉区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

交通事故死0(ゼロ)を目指して たまプラで安全呼び掛け

社会

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
啓発グッズを手渡す関係者
啓発グッズを手渡す関係者

 「交通事故死ゼロを目指す日」の9月30日、たまプラーザ駅前で青葉警察署員らが交通ルール順守の呼び掛けを行った。

 青葉署によると記録が残る1968年から現在まで、全国で交通死亡事故が起きなかった日はない。呼び掛けは一人ひとりが交通安全について考え、意識を持つきっかけにと秋の全国交通安全運動の最終日に行われた。

 交通安全協会や区役所などの関係者45人が参加し、反射材やマスクなどが入った啓発グッズを350セットを通行人に配った。受け取った女性は「きちんと横断歩道を渡るなど、ルールを守っていきたい」と話した。

 今年の区内の交通人身事故件数は10月11日時点で375件(前年同日比80件減)で、そのうち死亡事故は前年と変わらず3件。道路横断中の事故が最も多く、特に高齢者が被害に合う割合が高いという。「日没も早くなり、夜は暗い色の服装が目立ちにくい。反射材をつけるなど工夫して目立つようにしてほしい」と同署の担当者。

 櫻庭嘉洋署長は「交通事故は運転手はもちろん、歩行者も自衛することで事故を防げます。事故が減るよう、みんなで気を付けましょう」と語った。

青葉区版のローカルニュース最新6

弦楽四重奏を披露

7月7日

弦楽四重奏を披露 文化

0歳から大人まで

6月17日号

ヘルスメイト受講生募集

ヘルスメイト受講生募集 社会

申し込み23日まで

6月17日号

「育ててくれた横浜に感謝」

DeNA

「育ててくれた横浜に感謝」 スポーツ

石川選手 引退セレモニー

6月17日号

携帯電話回収箱を設置

日体大フィールズも協力

携帯電話回収箱を設置 スポーツ

障害者就労支援にも

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

横浜出身関取は22年ぶり

6月17日号

脱炭素政策の意見を募集

脱炭素政策の意見を募集 政治

自民党がサイト立ち上げ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter