青葉区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

山内小PTA グッズ販売で学びを支援 LINEスタンプなど制作

教育

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
グッズを手にするPTA役員らとLINEスタンプ
グッズを手にするPTA役員らとLINEスタンプ

 市立山内小学校PTA(山本麻紀会長)は、児童の学びを支援しようと、同小マスコットキャラクター「ケヤリーフ」のLINEスタンプや衣類などのオリジナルグッズの制作・販売を行っている。

 商品を販売し、売上を得るという一連の経済活動を児童に見せつつ、売上の使い道を児童に委ねることで、さまざまな学びの機会としてもらうことが目的。LINEスタンプはPTAと、保護者でイラストレーターのdokukinoko(どくきのこ)さんが昨年度すでに作成して販売していたが、今年度はより種類を増やそうと児童にケヤリーフの絵を募集。集まった100点余りのイラストをdokukinokoさんが整え、8月から販売を開始した。現在は「みんなのケヤリーフ」シリーズなど120円から250円で販売している。

 一方、PTAオンラインショップ「ケヤリーフショップ」で展開するのが、Tシャツやパーカー、キャップ、バッグ、マグカップなどケヤリーフの絵やロゴが入ったオリジナルグッズ。こちらも昨年度に期間限定で販売されていたが、新商品を揃え、今年度も販売をスタート。山本会長によると、日常的にも使いやすいデザインを意識したとのことで、保護者からも好評のようだ。グッズは1点売れるごとに300円の利益が得られる仕組みだという。

 LINEスタンプは12月末まで、オリジナルグッズは来年1月末までの販売。10月5日時点で合計2万6000円ほどの売上となっているという。最終売上は全額が同小に渡され、4年生から6年生の児童で構成する児童会が学校生活を豊かにする道具や備品などを話し合い、検討して購入する予定だ。

 同小の佐藤正淳校長は「学校ではお金を扱わない活動になりがちだが、お金を稼ぐことなどを通じて、保護者も児童も学校経営に参画する意識を持ってもらうことにつながる」とその効果を説明する。

 山本会長は「子どもの学びになるので、ぜひ応援をお願いします」と呼び掛けている。販売は同小HPのバナーから。【URL】https://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/es/yamauchi/

青葉区版のローカルニュース最新6

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展 文化

服部篤浩さん

10月22日号

認知症を語り合う

認知症を語り合う 社会

27日にオンラインカフェ

10月22日号

手紙の書き方、学ぶ

美しが丘西小

手紙の書き方、学ぶ 教育

郵便局長が授業

10月22日号

23日から飲食店で販売

23日から飲食店で販売 社会

区内産小麦のあおばビール

10月22日号

地図片手にアトリエ散策

地図片手にアトリエ散策 文化

あすから「寺家回廊」

10月22日号

青葉区コロナ患者 10人増

【Web限定記事】

青葉区コロナ患者 10人増 社会

市内2番の312人

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク