青葉区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

青丹クラブ 35周年の節目祝う 記念品を会員に配布

文化

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
記念品を受け取った役員たち
記念品を受け取った役員たち

 青葉台二丁目自治会の老人会「青丹(あおに)クラブ」(佐藤恭一郎会長)が10月で発足35周年を迎え、21日に役員が各会員に記念品の配布を行った。

 青丹クラブは1985年10月に、「地域社会における老後の生活を更に楽しくうるおいのあるもの」にすることを目的として、6つの部活動を中心に73人の会員で設立された。年2回のバス旅行や懇親会、麻雀や編物、歌などの部活動のほか、地域の防犯パトロールや学童の見守りにも参加するなど、精力的に活動している。

 本来であれば35周年を祝う記念行事を企画していたが、コロナ禍で断念。代わりにこの日は9人の役員が集まり、各会員に配る記念誌や紅白饅頭、クラブのロゴ入り記念エコバッグを受け取り、担当地区の配布に回った。役員の1人は「新型コロナの心配もあり、先月までは会員の家を訪ねてもインターホン越しだった。この数カ月で家にこもる高齢者も増えてしまったが、今月からは安否確認も兼ねてしっかり顔を見て回りたい」と話した。

 佐藤会長は「例年のような各種行事を通じて会員の絆を深められず残念。しかし、この数カ月間で人と人の繋がりがいかに大切か改めて再認識した。ウィズコロナを前提とした老人会の活動がどうあるべきか、皆で知恵を出し合っていきたい」と話した。

青葉区版のローカルニュース最新6

「福祉に役立てて」

「福祉に役立てて」 社会

企業・個人が社協に寄付

6月30日号

日体大で脳死移植の授業

日体大で脳死移植の授業 教育

支援協会が講師に

6月30日号

入選作品を展示

あおば美術公募展

入選作品を展示 文化

7月9日から

6月30日号

地域ボランティア募集

地域ボランティア募集 教育

中高生対象

6月30日号

34団体のコーラス響く

34団体のコーラス響く 文化

7月2日、都筑公会堂で

6月30日号

ヘルスメイト食育パネル展

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook