神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2020年10月29日 エリアトップへ

青丹クラブ 35周年の節目祝う 記念品を会員に配布

文化

公開:2020年10月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
記念品を受け取った役員たち
記念品を受け取った役員たち

 青葉台二丁目自治会の老人会「青丹(あおに)クラブ」(佐藤恭一郎会長)が10月で発足35周年を迎え、21日に役員が各会員に記念品の配布を行った。

 青丹クラブは1985年10月に、「地域社会における老後の生活を更に楽しくうるおいのあるもの」にすることを目的として、6つの部活動を中心に73人の会員で設立された。年2回のバス旅行や懇親会、麻雀や編物、歌などの部活動のほか、地域の防犯パトロールや学童の見守りにも参加するなど、精力的に活動している。

 本来であれば35周年を祝う記念行事を企画していたが、コロナ禍で断念。代わりにこの日は9人の役員が集まり、各会員に配る記念誌や紅白饅頭、クラブのロゴ入り記念エコバッグを受け取り、担当地区の配布に回った。役員の1人は「新型コロナの心配もあり、先月までは会員の家を訪ねてもインターホン越しだった。この数カ月で家にこもる高齢者も増えてしまったが、今月からは安否確認も兼ねてしっかり顔を見て回りたい」と話した。

 佐藤会長は「例年のような各種行事を通じて会員の絆を深められず残念。しかし、この数カ月間で人と人の繋がりがいかに大切か改めて再認識した。ウィズコロナを前提とした老人会の活動がどうあるべきか、皆で知恵を出し合っていきたい」と話した。

青葉区版のローカルニュース最新6

みなとみらいで「スター・ウォーズ」の世界を体感

みなとみらいで「スター・ウォーズ」の世界を体感

4月26日〜5月6日、イベント多数

4月19日

三溪園 重要文化財の内部を期間限定で特別公開

4月から雇用率引上げ

障害者就労

4月から雇用率引上げ

市も企業啓発に注力

4月18日

発達障害の小児外来リハ

青葉さわい病院

発達障害の小児外来リハ

4月1日に新設

4月18日

インスタ 基本と活用

インスタ 基本と活用

市民活動支援講座

4月18日

映画で学ぶ英会話

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    4月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook