青葉区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

あおば支援学校 開校記念式典を挙行 コロナ乗り越え、創立1年

教育

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
式典であいさつする横澤校長
式典であいさつする横澤校長

 今年4月に上谷本町で開校した、神奈川県立あおば支援学校(横澤孝泰校長)の開校記念式典が11月1日に開催された。当日は来賓や高等部1年生、保護者、教職員ら約100人が出席。学校と子どもたち、地域との歩みが始まっている。

 昨年11月に県立29校目の特別支援学校として中里学園跡地に設置され、今月で創立1年を迎えた同校。現在、肢体不自由教育・知的障害教育の2部門からなる小学部・中学部・高等部の児童生徒85人が通っている。

 式典は、新型コロナウイルスの感染対策のもとで挙行。横澤校長は同感染症流行の最中での開校となったことを振り返り、「困難な状況での船出となったが、地域をはじめ多くの方から励ましの言葉と支援を頂いた」とあいさつ。生徒に向けて「皆さん一人ひとりの新たな歴史がここ、あおばで創られていきます」と語りかけた。またスライド上映も行われ、学校の紹介や、児童生徒たちの学校生活の様子なども紹介された。

 このほか、当日は校歌を作詞・作曲した、柿の木台在住のピアニスト、松本有理江さんと、校章をデザインした横浜美術大学4年生の新田一生(いっせい)さんに感謝状の贈呈が行われた。新田さんは昨年度にみたけ台小・中、鉄小学校など近隣小中学校や高校、特別支援学校、住民から集まった図案を参考に校章を制作。「生徒たちが学校を通じて共に成長し、地域の幸せや人々の幸せに繋がっていくことを願っています」と語っていた。

 また、式典では松本さんが完成させた校歌2曲も初めて披露。曲名は「学び舎あおば」と「Happy!」で、松本さんの伴奏で生徒たちが合唱を行った。

初の文化際も

 式典のあった1日と翌日の2日間は初の文化祭「あおばフェスタ」も開催。こちらも感染症対策から保護者のみの参加となったが、子どもたちによる作品展示や発表などが行われた。

 創立記念演奏会も実施され、松本さんと、その娘で国内外で活動するバイオリニスト、紘佳さんが演奏。「チャールダーシュ」などが演奏され、参加者たちはその響きに耳を傾けていた。
 

感謝状を受け取る新田さん(左)
感謝状を受け取る新田さん(左)
演奏する松本さん(右)と紘佳さん
演奏する松本さん(右)と紘佳さん
正面玄関の文化祭看板
正面玄関の文化祭看板

青葉区版のローカルニュース最新6

災害備え自転車で巡回

災害備え自転車で巡回 経済

横建協青葉区会

11月26日号

神奈川大会で準優勝

青葉ボーイズ

神奈川大会で準優勝 スポーツ

ベイ杯出場切符を獲得

11月26日号

身近な危険と防災、触れて

身近な危険と防災、触れて 教育

もえぎ野中が校外学習

11月26日号

ひとり親でトークサロン

ひとり親でトークサロン 社会

 28日に青葉台で

11月26日号

コロナ終息願い、千羽鶴

コロナ終息願い、千羽鶴 社会

村田俊太君がプレゼント

11月26日号

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに 文化

コロナに負けず、31回公演

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク