青葉区版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

青葉ベースボールアカデミー 初出場で優勝の快挙 市少年野球大会・中学の部

スポーツ

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区内の中学校野球部に所属している生徒が有志で集まり、練習を続けている混成チーム「青葉ベースボールアカデミー」が、11月に行われた横浜野球連盟主催の「第54回横浜市少年野球大会・中学の部」に初出場し、優勝した=写真。

 各区の中学野球部やクラブの12チームで争った同大会。区代表の同チームは初戦の富岡中(金沢区)を6対0で破り、準決勝では岡村中(磯子区)を4対1で下して決勝へ進出。

 優勝をかけた相手は都筑区代表の横浜BC(ベースボールクラブ)サムライ。2回に2点を先制される厳しい立ち上がりだったが、3回から小林幹季君(桐蔭中)が登板して相手の打者3人で押さえると打線も奮起。4回に同点に追いつき、5回・6回にそれぞれ4点を重ね、10対2のコールド勝ちを収めた。

 今年はコロナ禍で様々な大会が中止になり、同チームとしても今年度初の公式戦となった同大会。キャプテンの佐々木誠朗君(桐蔭中)は「大会を開催いただいた関係者の皆様に感謝します。青葉区の仲間と戦える中学最後の公式戦で優勝できて何より嬉しく、最高の思い出になりました」とコメント。小林君は「逆転してくれると信じていました。決勝でコールド勝ちできて気持ちよかった。この喜びを胸に、高校でも野球に打ち込んでいきたいです」と語った。また、中川耀太君(青葉台中)は「アカデミーで自分の学校以外のレベルの高い仲間たちと戦えて素晴らしい経験ができました。後輩たちもぜひ頑張ってもらいたい」とエールを送った。

取材に応じる3人(左から小林君、佐々木君、中川君)
取材に応じる3人(左から小林君、佐々木君、中川君)

一般社団法人横浜市青葉区医師会

2月19日 市民公開講演会「新型コロナウイルス感染症 最新の治療法」

http://www.yokohama-aobaku-med.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

園庭開放で親子サッカー

園庭開放で親子サッカー スポーツ

F・マリノスが協力

1月20日号

長年の防犯功労を称え

長年の防犯功労を称え 社会

1人・1団体を表彰

1月20日号

2選手がJリーガーに

桐蔭横浜大

2選手がJリーガーに スポーツ

早坂選手は川崎Fへ

1月20日号

消防出張所を見学

藤が丘幼稚園

消防出張所を見学 教育

働く”先輩”と交流も

1月20日号

ピアッザの使い方学ぶ

ピアッザの使い方学ぶ 社会

2月27日 青葉区が主催

1月20日号

大河ドラマゆかりの地紹介

『鎌倉殿の13人』

大河ドラマゆかりの地紹介 文化

県と市、特設ウェブページ開設

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    1月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook