青葉区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

東急SレイエスFC サッカーで多世代交流 共生社会実現に向け

コミュニティスポーツ

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena

 総合型フットボールクラブ「東急SレイエスFC」は12月26日、アディダスフットサルパークあざみ野で「多世代交流型ウォーキングフットボール」を開催した=写真。

 このイベントは「やさしい街あざみ野実行委員会」が推進する「認知症の人にやさしい街プロジェクト」の一環。同委員会と桐蔭学園が共催。

 当日は共生社会の実現を目的に、認知症の当事者や家族、障害者、健常者、関係者ら約80人が参加。ウォーキングフットボールは「走らない」「接触禁止」「相手が保持するボールを取らない」「強いキック禁止」など誰でも楽しめるルールが特徴で、ゴールを決めた後はグータッチで喜ぶ場面も。4チームの総当たり戦だったが、終始和やかなムードだった。

 レイエスの土本和孝代表は「子どもから高齢者まで、障害の有無に関わらず、同じ空間でボールを蹴っている光景は素晴らしい」と話し、「たとえ子どもがルールを破って走ってしまってもみんなが許容して、ゴールを決めればみんなで喜ぶ。当たり前の共生社会を体験することができた」と振り返っていた。また、同委員会の根岸里香実行委員長は「相手を労わる気持ちがプレーに出ていた。この気持ちで日常生活を過ごしていければ」と話していた。

青葉区版のローカルニュース最新6

散歩でみどりアップの進捗確認

【Web限定記事】すすき野団地

散歩でみどりアップの進捗確認 社会

住民が植物に触れ緑化を楽しむ

8月18日号

青葉区が市内3位

少年サッカー

青葉区が市内3位 スポーツ

連覇はならず

8月18日号

3年ぶりに対面で

桐蔭横浜大学

3年ぶりに対面で 教育

「おもしろ体験教室」に500人

8月18日号

荏田コミハでミニミニ昆虫展

荏田コミハでミニミニ昆虫展 文化

カブト クワガタ

8月18日号

省エネ・デジタル化を補助

省エネ・デジタル化を補助 経済

市が小規模事業者向け

8月11日号

夏休みに「エコ活」を

小学校4・5年生対象

夏休みに「エコ活」を 教育

植樹活動を間接支援

8月11日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「コンタクトレンズを上手に使うために」 コラム【13】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    8月11日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook