神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2022年1月27日 エリアトップへ

高齢者・認知症テーマに調査 あざみ野などでアンケート

社会

公開:2022年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena

 地域団体「やさしい街あざみ野実行委員会」はこのほど、高齢者および認知症に関する意識を調査したアンケートの報告書を公開した。

 同実行委員会は、認知症や高齢者が住みやすい街づくりを目指して活動しており、今回の調査で現状を把握し、取り組みを進めることが目的。アンケートは活動に参加している桐蔭学園=鉄町=が昨年6月から7月にかけて、あざみ野地域の住民などを対象に実施した(有効回答数493)。

 報告書によると、認知症の人との関わりについて、60代の60・6%が関わりがある(あった)と答えた一方、20代は35・4%で、世代による差が大きかった。また、「認知症サポーター養成講座」の認知度を尋ねる質問では「知っている」と答えたのは50代の40・2%が最も高く、20代・30代・40代・80歳以上で30%を切るなど、全年代とも低い結果となった。

健康状態は良好

 50代・60代の回答者を抽出し、全国調査と比較しながら健康等の実態も調査。健康状態を尋ねる質問では、あざみ野の50代は75・1%、60代は72・7%が「良い」「まあ良い」と回答。全国調査の57・2%、52・4%を大きく上回った。

 また、「これからの人生について、こういう活動をして過ごしたいという見通し」の有無を尋ねたところ、あざみ野の50代は66・6%、60代の55・5%が「見通しを持っている」と答えた。また、その活動内容を尋ねたところ、50代は「家族との生活」、60代は「仕事」が最も多かった。特徴的だったのは、両年代とも2番目に多かったのが「ボランティアや地域・社会支援」で、全国調査よりも高く、社会参加意欲の高さも明らかになった。報告書の内容は下記参照。【URL】https://www.toin-tc.com/post/20220111post

青葉区版のローカルニュース最新6

新規メンバー募集

横浜市

新規メンバー募集

市政に関するアンケート

2月22日

清掃して餅をほおばる

清掃して餅をほおばる

25日 あざみ野でイベント

2月22日

スポーツ関係者一堂に

スポーツ関係者一堂に

4年ぶりに飲食交え

2月22日

東日本大震災を教訓に

東日本大震災を教訓に

講演会「3・11を忘れない」

2月22日

より豊かな日本「次世代へ」

三谷議員

より豊かな日本「次世代へ」

新横浜で新春の集い

2月22日

引越し手続ナビ、開設

横浜市

引越し手続ナビ、開設

DXポータルサイト上に

2月22日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

買取おりづる横浜青葉店 買取強化キャンペーン

ブランド品、金・プラチナの買取金額30%アップ!切手最大90%で買取中!

https://oriduru-shop.jp/yokohama-aoba/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月22日

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.8 なぜ塗装業者選びに悩むの?

    2月22日

  • 実りに繋げる学校現場の実践

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉛

    実りに繋げる学校現場の実践

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月22日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook