神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2022年1月27日 エリアトップへ

高齢者・認知症テーマに調査 あざみ野などでアンケート

社会

公開:2022年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena

 地域団体「やさしい街あざみ野実行委員会」はこのほど、高齢者および認知症に関する意識を調査したアンケートの報告書を公開した。

 同実行委員会は、認知症や高齢者が住みやすい街づくりを目指して活動しており、今回の調査で現状を把握し、取り組みを進めることが目的。アンケートは活動に参加している桐蔭学園=鉄町=が昨年6月から7月にかけて、あざみ野地域の住民などを対象に実施した(有効回答数493)。

 報告書によると、認知症の人との関わりについて、60代の60・6%が関わりがある(あった)と答えた一方、20代は35・4%で、世代による差が大きかった。また、「認知症サポーター養成講座」の認知度を尋ねる質問では「知っている」と答えたのは50代の40・2%が最も高く、20代・30代・40代・80歳以上で30%を切るなど、全年代とも低い結果となった。

健康状態は良好

 50代・60代の回答者を抽出し、全国調査と比較しながら健康等の実態も調査。健康状態を尋ねる質問では、あざみ野の50代は75・1%、60代は72・7%が「良い」「まあ良い」と回答。全国調査の57・2%、52・4%を大きく上回った。

 また、「これからの人生について、こういう活動をして過ごしたいという見通し」の有無を尋ねたところ、あざみ野の50代は66・6%、60代の55・5%が「見通しを持っている」と答えた。また、その活動内容を尋ねたところ、50代は「家族との生活」、60代は「仕事」が最も多かった。特徴的だったのは、両年代とも2番目に多かったのが「ボランティアや地域・社会支援」で、全国調査よりも高く、社会参加意欲の高さも明らかになった。報告書の内容は下記参照。【URL】https://www.toin-tc.com/post/20220111post

青葉区版のローカルニュース最新6

働きやすい職場づくりを進める企業 横浜市が認定

働きやすい職場づくりを進める企業 横浜市が認定

「よこはまグッドバランス企業」募集

6月19日

まちのPR動画コンペ

まちのPR動画コンペ

青葉区中高生 参加者募集

6月19日

横浜市がケツメイシとコラボ「あっちこっちで寄りみっち♪」

横浜市がケツメイシとコラボ「あっちこっちで寄りみっち♪」

6月30日まで新横浜・都心臨海部エリアで

6月19日

食育パネル展

ヘルスメイト

食育パネル展

区役所で24日から

6月18日

神奈川県 災害、物価高騰対策などで122億円の補正予算案

あおば GREEN DAY

花・緑・環境イベント

あおば GREEN DAY

青葉台とたまプラで

6月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook