青葉区版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

不登校でも学べる機会を 横浜市会議員 藤崎浩太郎の市政報告

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の2020年度の不登校児童生徒は5687人、病気による長期欠席児童生徒は715人、保健室登校児童生徒は815人となっています。加えて「不登校」には至っていないものの、短期間の欠席が続いているなど、様々な理由で学校に通えない、授業を受けることができない子どもが数多くいます。

 一方、21年4月からはGIGAスクール構想の一環として、子ども達には1人1台タブレットやPCが配布されています。同構想は誰一人取り残すことなく、個別最適な学びの実現が目標ですので、不登校をはじめ、教育を受ける機会を失っている子ども達にもICTを活用して教育環境を整えることが必要です。先日視察に行った岐阜市の不登校特例校では、子ども達は通学のほかに、タブレットとオンラインによる家庭学習だけでの学び方も選択できるようにしていました。

平時でも端末の持ち帰りを

 そもそも横浜市では、コロナ禍での分散登校や学級閉鎖等の際には端末の持ち帰りを認めていますが、あくまでも緊急時の対応です。平時でも子ども達の教育を保障するために、端末を持ち帰り、家庭等でも自主的に学習できる環境を整備するべきです。議会で教育長に提案をしたところ、検討を進める旨の答弁がありました。迅速に検討を進め、子ども達の教育を受ける権利を守ってほしいと思います。

横浜市会議員 藤崎浩太郎

青葉区あざみ野1-10-6-101

TEL:045-903-0221

https://www.fujisakikotaro.jp/

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

横浜の中学校給食は何が良い?

議会報告【2】

横浜の中学校給食は何が良い?

横浜市会議員 山下正人

6月16日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

在宅療養を支える訪問看護

市政報告㉕

在宅療養を支える訪問看護

横浜市会議員 田中ゆき

6月2日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

 自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

停電を起こした川崎市に抗議

停電を起こした川崎市に抗議

横浜市会議員 藤崎浩太郎の市政報告

5月26日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook