神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年6月1日 エリアトップへ

「お米、美味しくなーれ」 3者連携 田植えイベント

経済

公開:2024年6月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
田植えの参加者と協力者で記念撮影
田植えの参加者と協力者で記念撮影

 (公財)横浜市スポーツ協会が運営する横浜武道館と株式会社ミツハシ、そして男子プロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」の3者が、5月23日に青葉区田奈町の水田で田植えを行った。昨年に引き続き2回目となる。

 横浜武道館では昨年8月から、ミツハシと連携してオリジナル商品「横濱武道舞(米)」を生産・販売している。これは原料米に横浜市産の「はるみ」を使用。横浜の農家を応援・支援することで、地域の活性化につなげることを目的としている。横浜武道館で行われるエクセレンスの試合で販売される「全力応援弁当」にも、同米が使用されているそうだ。

泥だらけでも笑顔

 当日は「お米に元気を!美味しくなれ『エネルギッシュな田植え』イベント」と銘打ち、12人が田植えに挑戦。エクセレンスからは桜井直哉代表取締役社長、西山達哉選手、平良彰吾選手、チアリーダーのAoiさんが参加した。

 田奈地区の米農家・河原徳治さんの指導の下、田植え作業に挑戦したメンバーは、ぬかるんだ泥に足を取られるなど悪戦苦闘。1時間以上にわたる作業では、バランスを崩して泥だらけになる人も。それでも横一列に並びながら、最後まで楽しそうに苗を植えていた。

 平良選手は「初めて田植えをしたけど楽しかった。今は土に触れる機会が少ないので、いい時間を過ごすことができた」と笑顔を見せた。西山選手も「田植えに参加したことで、お米に対してさらに感謝の気持ちが芽生えた。機会があれば、みんな田植えをした方がいい」と話し、2人で「来年以降も参加したい」と声を揃えた。桜井社長も「こうした連携を通じてファンになってくれる人を増やしていければ」と笑顔で振り返った。

青葉区版のローカルニュース最新6

ふるさと夏祭り

しらとり台

ふるさと夏祭り

7月20日、21日開催  

7月16日

夏の屋外プールオープン

夏の屋外プールオープン

こどもの国、9月1日まで

7月15日

人気アニメ「パウ・パトロール」が横浜に 7月19日からイベント

あざみ野こどもぎゃらりぃ

あざみ野こどもぎゃらりぃ

子ども向け展覧会

7月13日

各区への意見 Webで募る

各区への意見 Webで募る

横浜市がプラットフォーム開設

7月13日

サマーふぇすてぃばる

市ヶ尾商栄会

サマーふぇすてぃばる

2024年7月20日開催

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook