神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

子ども食堂で「職」伝え 3丁目カフェでスタート

社会

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
第1回目のメニュー「ポークカレー」
第1回目のメニュー「ポークカレー」

 NPO法人協同労働協会OICHI(オイチ)(坂佐井雅一理事長)は6月24日、大学生までを無料とする子ども食堂「まちなかbizしょく堂」をたまプラーザの「3丁目カフェ」でスタートした。



 6月で創立10周年を迎えた起業支援センター「まちなかbizあおば」を運営している同法人。地域の起業家らで作る会員のネットワークを活用し、これまでも小学校で仕事体験を開催するなど、子どもとビジネスをつなぐ事業を展開してきた。今回子ども食堂を始めるにあたっても、ただ食事の提供をするだけではなく、楽しく働く大人との交流を通して、子どもが将来や「職」に希望を持てる機会を提供することなどが目的だ。

まちbizらしい支援を次回は29日に

 第1回「まちなかbizしょく堂」が6月24日に3丁目カフェで行われ、地域の子どもや保護者など約70人が訪れた。

 用意されたメニューはポークカレー。子どもたちの評判も上々で、おかわりする姿も。また、まちなかbizあおばの会員も参加し、子どもたちと同じテーブルで交流する場面も見られた。

 坂佐井理事長が「『まちなかbizしょく堂』の『しょく』には、『食』『職』『色(個性)』を大事にしたいという思いを込めた」と話すように、一般的な子ども食堂のように食事を提供するだけではなく、起業家などとの交流を通じて次世代の起業家精神の育成やキャリア準備、子どもの自立などを掲げているのが特徴。今後はより活発な交流につなげるため、次回は会員と直接話し、仕事について知ることができるブースの設置も考えているという。また、坂佐井理事長は、現役世代の7割以上が、働く理由を「お金を得るため」と答えているといった状況に触れた上で、「まちなかbizあおばには、自分の好きなことで楽しく働く大人が集まっている。会員との交流を通して、子どもたちに将来の職の選択肢を増やし、生きがいづくりにつなげたい。その中で、起業家になる子どもが出てきてくれたら嬉しい」と願いを語った。

 次回は7月29日(月)の正午から午後8時に開催予定。場所は3丁目カフェで、大学生以下無料、大人300円。賛助金も募集中。問い合わせは【メール】machibiz@oichi.org。

カレーをほおばる子どもたち
カレーをほおばる子どもたち
今後のスケジュールなどは特設ページから
今後のスケジュールなどは特設ページから

青葉区版のトップニュース最新6

初期消火で火災防ぐ

初期消火で火災防ぐ

青葉消防署、区民に感謝状

7月11日

世界広げる教育紹介

柿の木台有澤さん

世界広げる教育紹介

7月に書籍を出版

7月11日

記念切手を販売

区制30周年

記念切手を販売

青葉の魅力伝える

7月4日

子ども食堂で「職」伝え

子ども食堂で「職」伝え

3丁目カフェでスタート

7月4日

「だれもがどれも選べる」

男女共同参画週間

「だれもがどれも選べる」

新堀館長に聞く

6月27日

「誰でも通園」を試行

横浜市

「誰でも通園」を試行

独自に「定期利用」を条件

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook