神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年7月11日 エリアトップへ

能登半島地震から半年 マルシェ売上を復興支援に 青葉台からボランティア

社会

公開:2024年7月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
ボランティアに行った青葉台メンバーら
ボランティアに行った青葉台メンバーら

 元日の能登半島地震から7月1日で半年。被災地では倒壊した家のがれきなどが地震直後から変わらず残っている。6月28日から30日にかけ、青葉台から能登に災害ボランティアに行った村尾周三江代表取締役(明日の株式会社/桜台)はその光景に「現地の方は『見慣れてしまった』と口を揃えていた」と振り返る。

 村尾代表は青葉台で主催しているマルシェ「青葉よりみち名店」で能登の復興を応援したいと出店舗の協力を得て、500円以上の商品が入った「ワンコインガチャ」を設置し、売上全額の14万1421円を寄付金に。「顔が見える方に持っていきたい」と輪島市で物資の配布を続けている重蔵神社の再建復興と被災者の支援物資の費用に充てた。

 2月にも神奈川県中小企業家同友会のメンバーとして現地で炊き出しを行った村尾代表。今回は、青葉台を中心とした経営者仲間約10人で支援物資の飲料水400本を持って向かった。輪島市へは迂回しながら、到着まで10時間かかったという。「道路の復旧は2月よりも進んでいたが起伏が激しく、運転に慣れていないと難しい」。

 現地では、重蔵神社で支援物資配布の他、仕分けもしたというが、大量の段ボールを仕分けるには半日では到底終わらなかったという。高齢化が進む輪島市で物資を受け取りに来る人の中には、車もなくリュックを背負って1時間くらい歩いてくる高齢者も。「ボランティアは足りていない。被災し、家も半壊している中で住民自身がボランティアをしているような状態だ」と振り返る。必要とされるボランティアは日々変化していることに加え、「能登は観光のまち。『忘れられていったり、無関心になっていくことが何よりも悲しい』と話していた」と語り、「心を寄せてそれぞれの形で応援ができたら」と村尾代表。また村尾代表は10月に主催するマルシェでも寄付金を募り、ボランティアに行く予定。「ボランティアに興味がある方は連絡してほしい」と話している。【メール】info@ashitano.co.jp

重蔵神社での物資配布の様子
重蔵神社での物資配布の様子

青葉区版のローカルニュース最新6

横浜・大佛次郎記念館が猫の写真を募集中

横浜・大佛次郎記念館が猫の写真を募集中

11月23日まで、25年の「ねこ写真展」で展示

7月23日

横浜市営バス車内で寝過ごした運転手 減給処分

納涼盆踊り大会

中恩田自治会

納涼盆踊り大会

7月27日、神明社境内

7月23日

納涼盆踊り大会

納涼盆踊り大会

7月27・28日、下根公園

7月23日

3丁目カフェが感謝祭

10周年記念

3丁目カフェが感謝祭

8月3日開催

7月22日

山内地区センで将棋大会

8月25日

山内地区センで将棋大会

森内九段のトークショーも

7月20日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook