緑区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める 吉田 昌司さん 鴨居在住 54歳

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena

子どもが成長できる場を

 ○…ボーイスカウトに携わって40年。幼い頃鴨居に越して以来、同団でキャンプや募金、清掃活動など、さまざまな経験を積んだ。現在も仕事に励む傍ら、休日には同団の活動に心血を注ぐ。今月、40周年を迎える同団。「未来を担う子ども達にたくさんのことに触れてもらい、成長の場となればうれしい。大人にとっても子どもと接することで学ぶことは多いもの。親子で多くの人に参加してもらえたら」と力強く語る。

 ○…兄の影響でボーイスカウトへ。「子どもの頃、日本橋から京都までを歩き切った時の達成感は忘れられない。お寺で一晩過ごしたり、夜行列車で北海道に行ったことも」と思い出話は尽きない。活動を通じ、年齢の違う人との接し方や規律、チャレンジ精神などを学んだことは一生の宝だ。 ○…子どもの頃から自動車や鉄道、飛行機など、ジャンルを問わず、乗り物が好きだった。専門学校卒業後、「好きなもので社会の役に立ちたい」と自動車業界へ。ボーイスカウトで学んだことは、仕事でも大きく役に立った。「皆で大きなことに挑戦すること。力を合わせて達成すること」。幼少からの経験が社会人人生を支えてくれた。「今の子どもたちは、世代の違う人と接する機会も減っている。失敗することを恐れず、たくさんの人と積極的に交流する経験は、ボーイスカウトならでは」と語る。

 ○…ボーイスカウトはもはや人生の一部と言っても過言ではない。団が40年を迎えた今、ボーイスカウトを取り巻く環境は様変わりしている。「今小学生から大学生までの団員は約30人。昔は100人くらいいたんですよ」。今後は広報や情報発信に力を入れ、もっと多くの子どもたちに体験の場を作りたいと奔走する。「ボーイスカウトは世界共通。子どもたちには『世界中の人と友達になりたい』くらいの大きな夢を持って生きて欲しい」。次の50年を見据え、子どもたちへと力強くエールを送った。

緑区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

陶山 葉子さん

東本郷地域ケアプラザの所長に就任した

陶山 葉子さん

藤沢市在住 56歳

5月5日号

星野 三喜夫さん

東洋英和女学院大学の第7代学長に就任した

星野 三喜夫さん

青葉区在住 66歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月14日号

加藤 勝正さん

「緑区フォトコンテスト2021」で「森日出夫 最優秀賞」を受賞した

加藤 勝正さん

十日市場町在住 66歳

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook