緑区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める 吉田 昌司さん 鴨居在住 54歳

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena

子どもが成長できる場を

 ○…ボーイスカウトに携わって40年。幼い頃鴨居に越して以来、同団でキャンプや募金、清掃活動など、さまざまな経験を積んだ。現在も仕事に励む傍ら、休日には同団の活動に心血を注ぐ。今月、40周年を迎える同団。「未来を担う子ども達にたくさんのことに触れてもらい、成長の場となればうれしい。大人にとっても子どもと接することで学ぶことは多いもの。親子で多くの人に参加してもらえたら」と力強く語る。

 ○…兄の影響でボーイスカウトへ。「子どもの頃、日本橋から京都までを歩き切った時の達成感は忘れられない。お寺で一晩過ごしたり、夜行列車で北海道に行ったことも」と思い出話は尽きない。活動を通じ、年齢の違う人との接し方や規律、チャレンジ精神などを学んだことは一生の宝だ。 ○…子どもの頃から自動車や鉄道、飛行機など、ジャンルを問わず、乗り物が好きだった。専門学校卒業後、「好きなもので社会の役に立ちたい」と自動車業界へ。ボーイスカウトで学んだことは、仕事でも大きく役に立った。「皆で大きなことに挑戦すること。力を合わせて達成すること」。幼少からの経験が社会人人生を支えてくれた。「今の子どもたちは、世代の違う人と接する機会も減っている。失敗することを恐れず、たくさんの人と積極的に交流する経験は、ボーイスカウトならでは」と語る。

 ○…ボーイスカウトはもはや人生の一部と言っても過言ではない。団が40年を迎えた今、ボーイスカウトを取り巻く環境は様変わりしている。「今小学生から大学生までの団員は約30人。昔は100人くらいいたんですよ」。今後は広報や情報発信に力を入れ、もっと多くの子どもたちに体験の場を作りたいと奔走する。「ボーイスカウトは世界共通。子どもたちには『世界中の人と友達になりたい』くらいの大きな夢を持って生きて欲しい」。次の50年を見据え、子どもたちへと力強くエールを送った。

緑区版の人物風土記最新6

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学こども教育学部3年

10月10日号

真船 悦子さん

緑区コーラスの会の会長を務める

真船 悦子さん

霧が丘在住 70歳

10月3日号

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

黒板アートの指導にあたっている

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

白山高校美術科教諭 45歳

9月26日号

澤田 茂友さん

青少年みどり遊楽舎の代表を務める

澤田 茂友さん

三保町在住 70歳

9月19日号

横瀬 堅さん

緑少年補導員連絡会の会長を務める

横瀬 堅さん

霧が丘在住 68歳

9月12日号

栗原 加代美さん

DVの加害者更生プログラムに取り組む

栗原 加代美さん

東本郷在住 73歳

9月5日号

木村 升(のぼる)さん

50周年を迎える緑保護司会会長を務める

木村 升(のぼる)さん

鴨居町在住 72歳

8月29日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク