緑区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

親子で宇宙を学ぶ 「夏休みは星空を眺めて」

教育

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
講演を行う大川さん
講演を行う大川さん

 星槎学園中高等部北斗校で7月22日、小学生と保護者を対象として、宇宙の学校が開催された。

 宇宙の学校は、認定NPO子ども・宇宙・未来の会(KU―MA)がJAXA宇宙教育センターと連携しながら、全国的に展開しているプログラム。自然科学をテーマとした実験や工作を親子で行い、家族の絆を深め、子どもの「好奇心」や「冒険心」などを育むことを目的に開催している。

 当日は、12組の親子が参加。JAXA宇宙科学探査交流棟スタッフの大川拓也さんが宇宙をテーマに講演を行った。大川さんは、夏に見える星の見所などを解説。宇宙に関するクイズが出題されると、多くの子ども達が手を挙げ、元気に答える様子が見られた。

 大川さんは「私も子どもの頃から星を見るのが大好きだった。好奇心を持って、ぜひ、夏休みに友達や家族と星空を眺めてもらいたい」と話した。

 後半は、親子で協力しながら、葉脈標本をデザインする工作も実施された。KU―MAの稲葉茂さんは「実験や工作を通じて、親子でのコミュニケーションを深めてほしい」と呼びかけていた。

 参加した三保小学校6年生の丸山千颯君は、「ロケットは、どうして飛ぶのか」「宇宙の遠くまで行くにはどうしたら良いのか」などを積極的に質問。「宇宙はとても広い。話を聞いて、もっと学びたいと思った。夏休みは山梨県へキャンプに行く予定なので、星空をじっくり眺めたい」と目を輝かせていた。

 星槎学園中高等部北斗校の渡辺保子学校長は「子どもの興味、関心を伸ばせる場を作っていきたい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6

スケートで親子交流

スケートで親子交流 文化

横浜みどりLCが主催

8月15日号

ハマスタでドッジしよう

ハマスタでドッジしよう スポーツ

参加小学生チームを募集

8月15日号

盆踊り両日賑わう

盆踊り両日賑わう 文化

十日市場町自治会

8月15日号

ソーメン流しで夏の涼

ソーメン流しで夏の涼 社会

鴨居原市民の森

8月15日号

自分らしく生きる

自分らしく生きる 社会

〜人生100年時代の「終活」

8月8日号

多様な人との関わり学ぶ

名物授業を紹介 大学なう!【1】

多様な人との関わり学ぶ 教育

横浜創英大学 小川史准教授

8月8日号

ピカチュウが大量発生

ピカチュウが大量発生 文化

12日まで、みなとみらい地区で

8月8日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク