緑区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

緑区防災作業隊 災害に備えた体制拡充 新たに1社加盟 16社に

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
証明書を持つ新田所長(左)と藤田代表取締役
証明書を持つ新田所長(左)と藤田代表取締役

 震度5強以上の地震が発生した際など、市からの協力要請を待たずに緊急巡回や応急処置などを行う「緑区防災作業隊」。同作業隊に新たな1社が加入し、緑土木事務所で1日、協力会社証明書交付式が行われた。

 1日に行われた協力会社証明書交付式では、緑土木事務所新田巧所長から、株式会社いつき藤田直樹代表取締役に証明書が手渡された。同社が加わったことで区内の作業隊は16社となり、災害に備えた体制が拡充されたことになる。

 緑区防災作業隊は、一般社団法人横浜建設業協会緑区会(平田恵介区会長)で編成される組織。横浜市と横浜建設業協会は、災害発生時の道路巡回パトロールや緊急点検などの協力要請と応急活動について協定を結んでいる。市内に震度5強以上の地震が発生した場合は初期活動として市からの協力要請を待たずに各区会員が緊急巡回などを行うこととされている。

 これまでに、2014年10月の台風18号に伴う白山で発生した崖崩れ災害の際、応急資機材や応急仮設工事の対応を行った。また、18年1月の大雪の際は各駅の周辺や幹線道路などで除雪や融雪剤散布作業を行い、市民の安全な歩行や通行の確保に努めた。また、災害時に備え、震災対策訓練や情報受伝達訓練、工事安全パトロールなどを行っている。

 証明書を手渡した新田所長は、「横浜において30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率が8割とも言われている。風水害では全国的に大雨も増えている。市の防災対策では、防災作業隊の機動性や対応能力なしでは応急対応などが成り立たない状態なので今後大いに期待するところ。今後は区会と土木事務所と連携して災害に備えたい」と述べた。

 藤田代表取締役「平田区会長のご指導を頂きながら、全力で協力をできたらと思う」と話した。

 また「1社増え心強く思っている。土木事務所、区と連携しながら自分たちの街は自分たちで守るという気持ちで活動していく」と平田区会長は語った。

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク