緑区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

緑区防災作業隊 災害に備えた体制拡充 新たに1社加盟 16社に

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
証明書を持つ新田所長(左)と藤田代表取締役
証明書を持つ新田所長(左)と藤田代表取締役

 震度5強以上の地震が発生した際など、市からの協力要請を待たずに緊急巡回や応急処置などを行う「緑区防災作業隊」。同作業隊に新たな1社が加入し、緑土木事務所で1日、協力会社証明書交付式が行われた。

 1日に行われた協力会社証明書交付式では、緑土木事務所新田巧所長から、株式会社いつき藤田直樹代表取締役に証明書が手渡された。同社が加わったことで区内の作業隊は16社となり、災害に備えた体制が拡充されたことになる。

 緑区防災作業隊は、一般社団法人横浜建設業協会緑区会(平田恵介区会長)で編成される組織。横浜市と横浜建設業協会は、災害発生時の道路巡回パトロールや緊急点検などの協力要請と応急活動について協定を結んでいる。市内に震度5強以上の地震が発生した場合は初期活動として市からの協力要請を待たずに各区会員が緊急巡回などを行うこととされている。

 これまでに、2014年10月の台風18号に伴う白山で発生した崖崩れ災害の際、応急資機材や応急仮設工事の対応を行った。また、18年1月の大雪の際は各駅の周辺や幹線道路などで除雪や融雪剤散布作業を行い、市民の安全な歩行や通行の確保に努めた。また、災害時に備え、震災対策訓練や情報受伝達訓練、工事安全パトロールなどを行っている。

 証明書を手渡した新田所長は、「横浜において30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率が8割とも言われている。風水害では全国的に大雨も増えている。市の防災対策では、防災作業隊の機動性や対応能力なしでは応急対応などが成り立たない状態なので今後大いに期待するところ。今後は区会と土木事務所と連携して災害に備えたい」と述べた。

 藤田代表取締役「平田区会長のご指導を頂きながら、全力で協力をできたらと思う」と話した。

 また「1社増え心強く思っている。土木事務所、区と連携しながら自分たちの街は自分たちで守るという気持ちで活動していく」と平田区会長は語った。

緑区版のトップニュース最新6

「地域の絆が優先」

区長・連長特別対談

「地域の絆が優先」 社会

Withコロナの現状

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

簡易型録音機を配布

緑区役所

簡易型録音機を配布 社会

詐欺電話防止へ一手

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

コロナ対策で常時換気へ

市営地下鉄グリーンライン

コロナ対策で常時換気へ 経済

来年度までに全車両改修

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク