緑区版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

市営バス事業再編とMaaS 推進 自民党 横浜市会議員 かもしだ啓介(35) 市政報告【11】

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena

一般質問のご報告

 12月9日の横浜市会第4定例会にて自由民主党横浜市会議員団・無所属の会を代表し、「特別自治市の実現」「アフターコロナの観光経済政策」「行政のデジタル変革・庁内ネットワークのクラウド化」「火山灰対策の具体化・市民への普及啓発」「地域を巻き込んだ脱炭素化・再エネ活用と多様なモビリティの利用促進の考え方」「市営住宅駐車場の有効活用・市の遊休資産の活用」「市営バスネットワークの維持」「コロナ禍における病児保育事業の推進」「コロナ禍における若者の自殺対策」など9項目(18問)について質問しました。今後、質問と答弁の結果を順次ご報告させていただきます。また、LINE公式アカウントでは全てをご報告させていただきますので、是非ご登録をお願いします。

「市民の足」の再編

 市営バス事業は、通勤・通学需要の減少や高齢者の増加などの多くの課題があり、その経営環境は厳しさを増しています。更に緊急事態宣言発令中には、前年度に比べて最大70%程度の利用が落ち込み、今年度上半期の収支は約14億6千万円の経常赤字です。現在も約20%の落ち込みが続いており、大規模な輸送力の調整や路線廃止を行い、需要に見合った持続的・効率的な運航体制に変更している状況です。

緑区の新アクセス

 私の一般質問により、緑エリアでも運航効率化及び鉄道駅へのアクセス向上のため、鴨居駅から竹山団地を通り、2年後には相鉄東急直通線が開業する西谷駅へ、という南北を結ぶ路線も整備する検討が進んでいます。民間バス事業者も苦境に立たされる中、市営バス事業は地域の期待度が高い路線再編を進め、「市民の足」として持続的維持が欠かせません。

MaaSの推進

 私は、脱炭素化、マイカー乗車率の低下、高齢者の玄関からファースト・ラストマイル(玄関から玄関まで)の移動を支えるモビリティや地域交通の重要性(山坂や狭あい道路が多い緑区は特に重要)等の移動の社会変革が進む中、今後、公共交通が現在よりも重要性を増してくると確信しています。特にバスは、MaaS(マイカー以外の移動を繋ぎ目なく一体化する概念)の中心的役割を担い、地域のまちづくりとの連携や高付加価値化がし易く、また渋滞緩和や環境負荷の低減など、最も効果が高い分野です。地域の持続可能な発展のために今後も取組を進めて参ります。

鴨志田啓介

緑区十日市場町834-4 チュウバチビル2階

TEL:045-884-1594

https://1548820122.jimdofree.com/

緑区版の意見広告・議会報告最新6

ヨコハマの混乱に終止符を打つ!

意見広告

ヨコハマの混乱に終止符を打つ!

前神奈川県知事 参議院議員 松沢しげふみ

8月5日号

コロナ拡大防ぎ 経済再生へ

意見広告

コロナ拡大防ぎ 経済再生へ

林文子横浜市長に聞く

8月5日号

横浜市政に「3つのゼロ」を!

意見広告

横浜市政に「3つのゼロ」を!

横浜をコロナとカジノから守る会 山中竹春

8月5日号

対談 市民の声を聞く政治

意見広告

対談 市民の声を聞く政治

前防災担当大臣 おこのぎ八郎・衆議院議員 すが義偉

7月29日号

IRは本当にいけないの?

意見広告

IRは本当にいけないの?

横浜型IRの実現をめざす市民の会

7月29日号

IR誘致で子育て万全に

横浜をチャレンジ溢れる都市に

IR誘致で子育て万全に

元IT担当副大臣 福田 峰之

7月22日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook