緑区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

宮城県を聖火ランナーとして走った 二宮 駒音(こと)さん 東洋英和女学院大学4年 

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena

恩返しの心、忘れない

 ○…父親が事故で寝たきりになり、中学入学直後に亡くなった。ふさぎ込んだ時期もある。その後、人の役に立ちたいと参加した東日本大震災のボランティア。「活動を通じて多くの『ありがとう』の言葉をもらい、逆に私が勇気づけられた」と振り返る。その後も定期的にボランティアへ。いつしか、故郷のような場所へなっていった。そんな場所に恩返しがしたいと、聖火ランナーに応募。温かい声援に包まれ、聖火をつないだ。「勇気を与えらえてうれしい」と笑顔を見せた。

 ○…地元の厚木市から横浜の中高一貫校へ通った。ディズニーランド内のステージで演奏ができるというハンドベル部。大のディズニー好きにはたまらなく、入部を即決、練習に明け暮れた。一人が欠けても演奏は成立しない。仲間との絆は自然と深まっていった。

 ○…CAに憧れを持っていたが、コロナの影響で採用はほぼなくなった。「本当に自分がやりたいことは何なのか」。改めて考え直すと、浮かんだのは看護師の母親の姿だった。共に訪れた被災地でも、健康相談を受け、頼りにされていた。一度きりの人生を後悔したくないと、大学卒業後、専門学校に入り、看護師の夢を追う決意をした。大変な面も知っているからこそだろう、最初は母親から反対された。だが、揺らがぬ決意を受け止め、今は一番応援してくれているという。

 ○…津波で流され泥だらけになった写真洗浄や海岸清掃など活動は幅広い。気仙沼市にあるボランティアの宿・若芽では、地元の人を招待してクリスマス会なども行ってきた。3月11日に海岸で行われる一斉捜索に参加したことも。「コロナが落ち着いたら、また、会いに行きたい」という思いを胸に秘め、自身の夢に向けてもひた走る。

緑区版の人物風土記最新6

斎藤 淑子さん

旧緑区(現・青葉区)で起きた米軍機墜落事故を語り継ぐ活動を行う

斎藤 淑子さん

長津田在住 82歳

9月23日号

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

みどり国際交流ラウンジで地域コーディネーターを務める

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

相模原市在住 35歳

9月16日号

森 卓爾さん

世界遺産の魅力を伝える講座を開催している

森 卓爾さん

霧が丘在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月2日号

麻生 紘二さん

東京五輪で技術委員として、野球の運営全般に深く携わった

麻生 紘二さん

霧が丘在住 78歳

8月26日号

青木 勇人(たけと)さん

21-22シーズンから横浜ビー・コルセアーズのヘッドコーチとして指揮を執る

青木 勇人(たけと)さん

47歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook