緑区版 掲載号:2022年3月31日号 エリアトップへ

「緑区フォトコンテスト2021」で「森日出夫 最優秀賞」を受賞した 加藤 勝正さん 十日市場町在住 66歳

掲載号:2022年3月31日号

  • LINE
  • hatena

緑区の豊さを後世へ

 ○…通勤で恩田川沿いを歩いている。四季折々の変化を約5年前からスマホで撮影するようになった。写真を家族に見せると「こんな場所があったんだ」と驚かれた。「褒められるのがうれしくて」と照れ臭そうに笑う。「将来に残したい緑区の姿」をテーマに開催されたコンテストでは恩田川沿いの朝もやのグラデーションを見事に写し、身近な四季を表した。受賞に対して、驚いた表情を浮かべつつ「写真を見て、豊かな自然を感じるために、歩く人が増えたら」と微笑んだ。

 ○…まだ山や田んぼばかりだったという緑区で育った。「自分が育った場所の良さを後世に伝えたい」。そんな思いもコンテストに応募した理由の一つ。テレビや映画が大好きだった子ども時代に、「人生の大半を占める仕事は楽しいことをしたい」と映像の世界に関わることを夢見ていた。

 ○…映像の専門学校を経て、CMの制作会社へ。「先輩たちの背中を見て、必死に仕事を覚えたね」と回顧する。その後、「よいものを作りたい」という一心でCM制作全般に長年携わってきた。1本のCM作りには多くの人が関わっている。「自分がどんな役割を果たせるか」を常に考え、一つひとつの仕事に向き合ってきたという。「自分の携わったCMがテレビに映ると、色々な思いが蘇って、うれしい気持ちになったもんだよ」と笑顔を見せる。

 ○…2人の孫と恩田川沿いを歩くのが楽しみだという。「これから孫と受賞のお祝いパーティーなんだ」とにっこり。「ここは、朝日がきれいな場所なんだよ」と身近にある自然の豊かさを孫にも伝えている。「普段通っている道も、朝少し早く起きて通ると、見える世界も変わってくるかも」と話し、今後も写真を楽しみ続けるようだ。

緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

市内在住 26歳

6月23日号

原田 ますみさん

緑区保健活動推進員会の会長を務める

原田 ますみさん

長津田在住 69歳

6月16日号

中村 幸子さん

緑新栄会会長に就任した

中村 幸子さん

十日市場町在住 66歳

6月9日号

杉崎 正一さん

横浜みどりライオンズクラブの立ち上げメンバー

杉崎 正一さん

長津田在住 86歳

6月2日号

高田 有香子さん

音楽ワークショップ「オトテバコとオトあそび!」を主催する

高田 有香子さん

長津田町在住 47歳

5月26日号

宮野 勝秋さん

今春の叙勲で瑞宝双光章を受章した

宮野 勝秋さん

長津田在住 78歳

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook