緑区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

三保町在住青木詩乃・優介さん 姉弟揃って全国大会へ インラインスケート

スポーツ

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena
優介さん(左)と詩乃さん(右)
優介さん(左)と詩乃さん(右)

 区内三保町在住の青木詩乃さん(16)と優介さん(14)姉弟が、このほど行われた第11回全日本フリースタイルスケート選手権関東・甲信越ブロック大会の各部門で1位の成績を収め、全国大会の切符を手にした。7月に愛知県で行われる全国大会では姉弟揃っての優勝を目指す。

 インラインスケート競技は、縦一列に車輪がついたスケートシューズを履いて行う。(一社)日本インラインスケート協会主催の同大会では、音楽に合わせて踊りや技を競う「クラシックスラローム」、片足で等間隔に置かれた20個のパイロンを避けながら通過してその速さを競う「スピードスラローム」、「バトルスラローム」「ペアスラローム」の4種目がある。

 同競技で世界大会の出場経験もある詩乃さんは、4種目中3種目で1位の成績を収めた。「1つパイロンに触れてしまって0・2秒加算されてしまった」と話すスピードスラロームでは5秒505。優介さんも同種目で5秒557のタイムで優勝した。

 2人がインラインスケートを始めたのは小学校低学年の時。練習は、玄海田公園(長津田みなみ台)や新横浜公園(港北区)のほか、自宅前の路上などで行い、日々スピードや技を磨いているという。

5年連続

 姉弟で全国大会に出場するのは5年連続。全国大会の総合得点で上位入賞すると世界大会の出場メンバーに選出される。

 詩乃さんは「昨年と同じ3種目優勝を目標に挑んだ。少しプレッシャーはあったけど大会では競技を楽しめた」と話す。また、優介さんは「1位を取れるとは思っていなかったので、素直にうれしい」と笑顔を見せた。

第72回 社会を明るくする運動

犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ

https://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

愛護会念願の花壇が完成

長津田宮ノ前公園

愛護会念願の花壇が完成 社会

区提供の花苗植える

6月30日号

緑区テーマの「農」が御膳に

18区丼

緑区テーマの「農」が御膳に 社会

市庁舎内店舗で提供

6月23日号

「みんなにやさしいまち」へ

緑区運営方針

「みんなにやさしいまち」へ 社会

デジタル化推進など

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

姉弟揃って全国大会へ

三保町在住青木詩乃・優介さん

姉弟揃って全国大会へ スポーツ

インラインスケート

6月16日号

子育て相談所が開設

子育て相談所が開設 社会

ダ・ニーノみどり

6月9日号

緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook