港北区版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

読み聞かせで"心の居場所" 都筑区の教会で母親対象に

鹿毛(かげ)美枝子さん
鹿毛(かげ)美枝子さん

 ”絵本の読み聞かせ”と言えば、大人が子どもに聞かせるもの。では、大人が大人に行う、読み聞かせをご存知だろうか。鹿毛美枝子さん(都筑区勝田南在住)は、毎月1回、港北ニュータウン聖書パブテスト教会で、母親のための読み聞かせを行っている。

 この活動は、母親への読み聞かせを通して母親自身に絵本をさらに好きになってもらい、心を豊かにし、子どもへの愛情をより深いものにしてもらいたいと行われているもの。母親が聞いている間、子ども達の相手は教会のスタッフが担当。母親にとっては、束の間の自分だけの時間ともなっているようだ。

 鹿毛さんは18年前から、『二匹のさかな文庫』という親子対象の読み聞かせを行っていた。また市の子育て支援者として、区内の母親の相談にも対応していた。「都筑区は転居してきた人が多く、居場所の無い母親が多い。母親自身が愛されている実感が無いと子供を愛することは難しい」。

 そこで3年前、同文庫の後の時間に母親だけの会を開き始めた。

6歳で他界した愛娘への思い

 鹿毛さんがこれらの支援に取り組むようになったのは、20年前。白血病によって6歳で他界した次女、永遠(とわ)さんへの思いからだ。当時、永遠さんは県立子ども医療センターに入院。子どもの看病に通う中で痛感したのが”大人になれない子ども達がいる”という事実。鹿毛さんは永遠さんに、いつも絵本を読んであげていたという。

 「子どもの病気と死を通して何かをしてあげたいという気持ちが強くなった」と話す鹿毛さん。現在は、永遠さんが入院していた同医療センターでピアサポーターとして、難病の子の親に対し、心の支援も行う。

 「母親の肩の力を抜いて、楽にしてあげたい」。こんな鹿毛さんの温かさが、”心の居場所”となっている。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク