港北区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

大綱中出身小野川君 競歩で世界の舞台へ 8月にユース五輪に出場

スポーツ

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena
ガッツポーズを見せる小野川くん
ガッツポーズを見せる小野川くん

 大綱中学校出身で大倉山在住の東京実業高等学校(東京)2年生の小野川稔君が、8月に中国・南京で開催される「第2回ユースオリンピック競技大会」に10000m・競歩で出場する。現在は、高校の合宿などで体力やスピード面の強化を図っており、「優勝を目指す」と意気込んでいる。

 小野川君が出場するのは、14歳から18歳までのアスリートを対象とした4年に1度の世界大会。世界各国から選手が集まり、8月16日から13日間の日程で28競技・222種目が行われる。今年5月にタイで行われたアジア地域予選大会で2位に入賞した小野川君は、同大会の出場権を掴んでいた。

 「持ち味は終盤になっても崩れないフォーム」と語る小野川君は、歩行中に必ずどちらかの足が地面に接してなければいけない「ロス・オブ・コンタクト」などの反則をこれまでに受けたことがない。そのほか、一定のペースでのレース運びができることを長所に上げるが、その反面で「スピードの強化が課題」と自身を分析する。

 5月の予選大会では、中国の選手がレースを引っ張り、5000m付近まではスローペース。周りの選手の息が上がっていたことから自らペースを上げ、終盤まで中国の選手とデットヒートを繰り広げた。しかし、残り1200mでかけられたラストスパートについていけなかったということもあり「嬉しさよりも悔しさが残った」とし、世界大会での雪辱に燃える。

 幼少期から走るのが好きで中学から陸上を始めた小野川君。高校で競歩に転向して間もないが「世界大会で結果を残したい。今後の夢は2020年開催の東京五輪で競歩の日本代表になりたい」と夢を語る。今後の活躍に期待がかかる。

港北区版のトップニュース最新6

市内家庭ごみが急増

市内家庭ごみが急増 社会

外出自粛のあおり受け

6月4日号

ひとり親家庭の力に

綱島の飲食店

ひとり親家庭の力に 社会

弁当を無償提供

6月4日号

町に彩りと元気を

高田町市民団体

町に彩りと元気を 社会

ひまわり約500本を植苗

5月28日号

コロナ対策などに力点

港北区

コロナ対策などに力点 社会

2020年度運営方針

5月28日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク