港北区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

市民意識調査横浜北部 各区で「暮らしやすさ」に差 「交通」に高い満足度

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は3月16日、平成26年度の市民意識調査を発表した。一括りにされる北部地域(青葉・緑・都筑・港北区)だが、総合的な暮らしやすさの満足度にばらつきがあり、区ごとに意識が異なることが分かった。一方で交通手段の充実度が高いなどの共通項も見受けられた。

 横浜市では毎年、市民の生活意識や生活構造を明らかにし、それを市政運営などの資料として活用することを目的に意識調査を実施している。今回は市政や定住意識など、5項目に分けた質問を用意。無作為抽出法で抽出された20歳以上の市民3千人を対象に調査を行った。

 調査結果によると、住んでいる街に対して総合的に「暮らしやすい」と感じている人が市全体の平均77・5%に対し、一括りにされる横浜北部地域でも区別でばらつきがあることがわかった。

 都筑区は街並みの景観の良さ、病院の近さなど、多くの項目で満足度が高く、「暮らしやすい」と感じている人が93・1%に上り、市内最高となった。港北区の満足度は83・7%。周辺の静けさへの満足度が高く、「住み続けたい」と感じる定住意向が高いことが分かった。この傾向は区が独自に行った調査でも示されている。緑区は83・2%で、普段の買い物する場所や病院の近さへの満足度が高かった。市内でも人気エリアとされている青葉区は子育て環境の良さや近所付き合いのしやすさが高かったが、満足度は76・9%で市平均を下回った。市政策局担当者は「青葉区は生活環境も整っている地域といえる。母数の少なさも原因と考えられ、細かい分析が必要になるだろう」と話している。

読書家そろう?

 一方、共通点も見受けられた。電車・バスなどの交通の便の満足度は市全体で44・6%に対し、北部は47・6%と、平均を3ポイント上回った。また読書量の項目では、過去1年間で本を10冊以上読んだ人が32・4%(市平均28・3%)となり、市内で最も多かった。横浜北部の街づくりに詳しい東京都市大学横浜キャンパスの中村雅子教授は「北部の住民は全国からの転入者も多く、現在住む街を以前住んでいた街々との相対評価で判断している可能性が高い。ニーズや不満も加味して理解すべき」と分析する。

 詳細はhttp://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/chousa/ishiki/で閲覧できる。
 

港北区版のトップニュース最新6

父子鷹、目指すはF1

区内在住村田さん

父子鷹、目指すはF1 スポーツ

市スポーツ協会と連携

3月4日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

3月4日号

緑化計画、4月に始動

日吉地区の有志団体

緑化計画、4月に始動 社会

市民参加で魅力ある町へ

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

医療従事者を守る

【Web限定記事】区内企業

医療従事者を守る 社会

コロナ対策でマスク開発

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク