港北区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

ウクレレ教室運営松浪さん 県の起業家表彰で優秀賞 区内中心に活動展開

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
壇上でプレゼンテーションする松浪さん
壇上でプレゼンテーションする松浪さん

 神奈川県主催の「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2017」で、区内を中心にウクレレの習得教室を運営する松浪芳之さん(60)が、「ベンチャー部門」で神奈川県知事賞に次ぐ優秀賞に輝いた。1日にはパシフィコ横浜で表彰式が行われた。

 同グランプリは、超高齢社会の進展によって、長年培ってきた知識やノウハウを生かして起業に挑戦するシニア層が増えている背景を受け、起業者や今後起業を考えている人を応援することを目的に神奈川県が創設したもの。

 起業から5年未満で県内を拠点に活動している50歳以上の起業家を対象とした『ベンチャー部門』と、1年以内の起業を予定している50歳以上が対象の『プラン部門』の2つに分けられ、113件の応募があった(ベンチャー27件、プラン86件)。

 松浪さんがウクレレ教室を始めたのは2008年で、当初はボランティアとしての取り組みだった。その後、13年には、東日本大震災の震災遺児の進学の夢を叶えるために開催したチャリティーコンサートを企画する活動も行ってきた。会社員として勤めながらの活動が続いたが、定期的にウクレレの体験会を開催するなどした結果、当初30人だった生徒は徐々に増え、「しっかりと運営したい」という思いが強くなり、起業に至った。

 現在は「ウクレレで笑顔サークル」という教室名で港北区を中心に、青葉・緑区でも活動している。現在約100人の生徒がおり、「初心者でも2時間で世界の名曲を演奏できる」と生徒からは好評だ。特徴は、参加者同士の交流を重視し、少人数のサークル形式にする点。シニアが参加しやすい教室運営を心掛けているという。

 受賞を受け松浪さんは「ウクレレは音楽経験や年齢にかかわらず自分の表現で演奏ができ、人と人がつながる楽器。このようなコミュニティビジネスを評価して頂けたことを大変嬉しく思います。今後は500人、1000人と生徒数を増やし、豊かな市民社会の創出を目指したい」と話した。

 審査委員の一人は「ウクレレを通してコミュニティを作り出している点を評価した。何より、松浪さん自身がウクレレに惚れ込んでいることが伝わった」と話した。

港北区版のトップニュース最新6

DL(ダウンロード)数1万5千超

港北区防災アプリ

DL(ダウンロード)数1万5千超 社会

意識の高まり反映

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

「住んで良かった港北に」

「住んで良かった港北に」 政治

栗田区長 区政を語る

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

3,293人が船出

港北区の新成人

3,293人が船出 社会

13日、横アリで式典

1月1日号

端末でタクシー配車開始

DeNA

端末でタクシー配車開始 経済

市内3病院で実証実験

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク