港北区版 掲載号:2018年3月1日号
  • LINE
  • hatena

のぼり旗は診療中の目印 医療機関と薬局で掲出訓練

社会

診療中の旗を掲出する医療機関。向かいの薬局でも掲出された(23日撮影)
診療中の旗を掲出する医療機関。向かいの薬局でも掲出された(23日撮影)
 19日から24日の6日間、災害に備えた医療機関の対応確認に加えて区民に対する「災害時のぼり旗」の理解と啓発を図ることを目的に「災害時のぼり旗掲出訓練」が実施された。

 港北区は大地震発生時の医療体制を昨年7月に変更。震度6弱以上の大規模地震が発生した際、これまでは医師や薬剤師らが地域防災拠点に参集し、地域防災拠点を巡回。重症度の判断と、できる範囲の救急処置を行う体制となっていた。変更後は被災を免れて診療が可能な災害拠点病院(横浜労災病院)、災害時救急病院(菊名記念病院ほか)や診療所は「診療中」と書かれたのぼり旗を掲出。また、医療機関が発行する処方箋を調剤可能な薬局には「開局中」ののぼり旗が掲出されることになっている。

 期間中は港北区医師会と港北区薬剤師会の各会員医療機関で実施され、区内のあちらこちらでのぼり旗を目にすることができた。

 訓練を終えたある薬局の管理薬剤師は「訓練を行うことで、いざという時の準備をしっかりできる」と話した。

港北区版のローカルニュース最新6件

新横浜障害年金相談センター

うつ病・脳梗塞・糖尿病・がんなど幅広い障害が「障害年金」対象 無料相談開催中

http://shinyokohama-shogai.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク