港北区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

港北区男子選抜 日産スタジアム杯制す 少年サッカー大会

スポーツ

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
大会を制し笑顔の港北区選抜、小学生男子の部メンバー
大会を制し笑顔の港北区選抜、小学生男子の部メンバー

 第20回日産スタジアム杯少年サッカー大会の決勝戦が2月25日に行われ、小学生男子の部で港北区選抜チームが優勝した。小学6年生で編成された市内各区の選抜チームが出場した大会で、区代表として存在感を示した。

 予選リーグを突破した港北区選抜は、決勝トーナメントで金沢区選抜を2―0、続く準決勝では旭区選抜を1―1(PK5-4)で退け、決勝にコマを進めていた。

 決勝の相手は泉区選抜。後半開始早々に1点を先取した港北区選抜だったが、コーナーキックのこぼれ球から同点に追いつかれ延長戦へ。迎えた延長前半。フリーキックから得点しリードすると、直後に追加点を奪取。試合はそのまま終了し、3―1で港北区選抜が大会の頂点に立った。

チームの心が一つに

 港北区選抜のキャプテンを務めた矢上吾空くん(駒林SC)は「追いつかれて少し焦ったけど、チームの心が一つになり、気持ちで点を取った。あと少しで(小学校を)卒業。最後の公式戦で優勝できて良かった」と振り返り、将来の夢を「世界で有名なサッカー選手になりたい」と目を輝かせて話してくれた。

 港北区選抜の徳成和雄監督(太尾FC副代表)は「子どもたちのプレーを信じていた。チームワークで勝ち取った優勝。よく頑張った。ありがとう」と選手にメッセージを送った。

 決勝戦を見守った港北区サッカー協会の石川和暎会長は「昨年は女子選抜(が市の大会で優勝)、そして最後は男子選抜が締めくくってくれた」と男女で結果を残した区の代表選手をたたえた。また、関係者の一人は「サッカーも、それ以外のスポーツでも港北区の子どもたちが頑張っている。その姿にはとても勇気をもらえる」と話していた。

港北区版のトップニュース最新6

"輝く女性"の日本一に

下田町在住藤江さん

"輝く女性"の日本一に 文化

美を競うコンテストで3冠

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

国土交通大臣表彰に選出

篠原町「花と緑の会」

国土交通大臣表彰に選出 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月12日号

時を超え、変わらぬ思い

大倉精神文化研究所

時を超え、変わらぬ思い 文化

創設90周年迎える

5月5日号

日吉の本だな、順調な船出

日吉の本だな、順調な船出 社会

企画展示等で親しみも

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook